ここから本文です

『ひとよ』佐藤健「器用な役者ではなく、魂で乗り切るしかないタイプ」

11/8(金) 19:00配信

Movie Walker

『孤狼の血』(18)の白石和彌監督が、初めて家族の絆を真っ向から描いたヒューマンドラマ『ひとよ』(11月8日公開)で、主演を務めた佐藤健。ある事件をきっかけにやさぐれた次男、稲村雄二役を演じた佐藤は、無精髭をたくわえ、けだるい印象を与える。役作りについて佐藤に聞くと「なにも作り込まず、フラットなまま臨んだ」と、敢えて「るろうに剣心」シリーズなどとは真逆のアプローチを取ったそうだ。

【写真を見る】屈託ない笑顔の佐藤健に胸キュン!

本作は、タイトル『ひとよ』のとおり、たった一夜の出来事で、人生を狂わされた家族の葛藤と再生を描く物語。15年前、子どもたちを守るために殺人事件を起こした母親、稲村こはる役を田中裕子が、兄妹で唯一の既婚者である長男の大樹役を鈴木亮平が、スナックで働く長女の園子役を松岡茉優が演じた。

■ 「脚本の理解度は30%くらいのまま現場に入りました」

役作りをしなかったとはいえ、佐藤は白石組に入るにあたり、体重を増やして、普段は吸わないタバコを吸った。それは「身体を汚して現場に入りたかった」という理由からだが、ある意味、別の気合も感じられる。アクション映画の撮影前は、肉体改造に余念がなかった佐藤だが、“だらしない身体”を作ることについては「まったく抵抗はなく、むしろ快感だったくらいです」と言う。「いま、『汚れ役をやれ』と言われたら抵抗があるかもしれないけど、『ひとよ』は、ちょうどいいタイミングでオファーをいただけたから良かったです」。

また、「脚本の理解度は30%くらいのまま現場に入りました。度合いは違うけど、ここまで極端になにも用意せずに入ったのは初めてでした」という言葉も、ストイックなパブリックイメージがある佐藤が発したものとは思えない。

「雄二がどういうテンションで台詞を言うのかは、現場に行ってみないとわからなかったです。そういう前提で撮影に入ったので、不安というか『これで大丈夫かな?』と、常に思っていました。ただ、それは白石組だからこそできたことで、ほかの組では通用しないことだとも思っています」。

稲村家の柱となったのが、ベテラン女優の田中裕子だ。事件を起こしてから15年後、突然、自宅に戻って来たこはる。佐藤は、田中について「最初の挨拶時は、かわいらしい方という印象でしたが、撮影が終わると、自分のスペースにさっと戻っていかれる方でした。芝居の面ではすごくこだわりを持っていて、白石監督にも自分の意見を言われたり、監督とディスカッションされたりしていました」と語る。

田中との共演シーンはどれも印象に残っていると言う佐藤。ただ、現場で田中のコミカルな演技を見た時、佐藤は意外に思ったそうだ。「常にシリアスなわけじゃなくて、コメディのような演技を選択されているんだなと思う瞬間が多かったので、僕も含め、皆が現場でびっくりしました。受け答えなどで、おもしろい肝っ玉母ちゃんみたいなところもあったので」。

■ 「 “魂の一点突破”で、そこだけを売りにしてきた」

鈴木が演じる大樹は、吃音が原因で、人とのコミュニケーションに苦手意識を持っている。NHK大河ドラマ「西郷どん」のあとに本作の現場に入ったという鈴木だが、これまでにない新鮮な役どころとなった。佐藤は鈴木について「お互いに器用な役者ではなく、魂で乗り切るしかないタイプなので、個人的に自分と近いものを感じています」と分析している。佐藤、鈴木とも、いまや人気実力を兼ね備えたトップスターだけに、“不器用”という表現が正直しっくり来ないが、佐藤は「2人とも全然器用なタイプじゃないです」と繰り返す。

「もちろんお互いに経験を積み、いろんなテクニックを身に着けてきたとは思いますが、少なくともデビューした当時は、そういう技を一切持ってない状態でした。2人とも “魂の一点突破”というか、そこだけを売りにして、ここまで上ってきたところが共通項かなという部分があります。『天皇の料理番』で共演した時、つくづくそう思いました」。

確かに「天皇の料理番」では、20kgも減量して役作りをした鈴木の役者魂が話題となった。“魂の一点突破”と言えば、佐藤も「るろうに剣心」シリーズをはじめ、常に作品に対して全身全霊で臨むタイプだ。「やっぱり見られる仕事なので、ダサい姿やカッコ悪い姿を見せたくない。それがモチベーションに直結していると思います」。

かといって、舞台挨拶やインタビューなどでは、決して過剰なセールストークで自分を売り込むことはしない佐藤。すなわち、黙々と陰で努力してきたタイプで、そこも実にカッコいい。

取材についても「かなりナチュラルです。自然としゃべりたい時はしゃべるし、しゃべりたくなかったらしゃべらない。僕はかなり自分に対して正直なほうなので、仕事だからといって、自分を偽るのがあまり好きじゃないですね。そこは昔から変わってないです」と聞いて大いに納得。

そんな佐藤が、白石組について「もっとハードで、空気も重い現場だと想像していたら、全然そんな感じじゃなかったです」と、一瞬、拍子抜けしたような感想を述べたのかと思ったら、それは大きな間違いだった。「実際にできあがった作品を見たら、本当にすばらしくて。やっぱり白石作品らしい重厚感がありました」と興奮しながら作品を称えた。

クライマックスでは、白石監督作らしい、ダイナミックなカーアクションも体験した佐藤だが、そこでも「現場はただ淡々と進むので、現場のテンションと、できあがった映像の出来にはかなり差があったと思います」と驚きを隠せない。

「おそらく白石監督は、そういう画を撮るのが上手なんだと思います。例えば、本当に危険なことをやったからと言って、ちゃんと危険そうに見せられるわけじゃないし、その逆もあります。白石監督は、常に撮りたい画にも迷いがないし、だから撮影も早いです。本当にすごい監督だなと思いました」と感嘆した様子。

すでに白石監督作のなかでも最高傑作と呼び声の高い『ひとよ』。感情のうねりが激しい、フォルテシモな映画だが、観終わったあと、心地良い余韻を残す人間ドラマとなっている。佐藤にとっても、また、新しい代表作の誕生となりそうだ。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

最終更新:11/14(木) 12:43
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事