ここから本文です

新スタイルのミラージュ 11月18日発表 シールドグリル獲得 EVの可能性も

11/8(金) 9:35配信

AUTOCAR JAPAN

三菱車に共通するフロントデザイン

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)
 
三菱は、2019年11月18に予定しているタイでの発表に先駆けて、新しいミラージュのイメージ画像を公開した。

【写真】三菱ミラージュとアウトランダー (20枚)

世界市場ではヒュンダイi10がライバルとなるコンパクト・ハッチバックが三菱ミラージュ。その兄弟モデルとして、一部の市場には4ドアサルーンのアトラージュも存在する。三菱によれば、ハッチバックとサルーンを合計すると、2018年の販売台数は14万台にのぼるという。

先行公開されたイメージでは、フロント周りが近年の三菱車に共通するデザインとなり、シールドグリルが与えられていることがわかる。細身のヘッドライトを支えるように左右に構えるクロームメッキ・トリムが特徴だ。

バンパーは、アウトランダーやピックアップのL200とも共通するスタイリング。現行モデルのフロントグリルから大きく変更されるようだ。

3気筒エンジンは継続。EVやハイブリッドも

パワートレインには触れられていないものの、現行モデルと同じ3気筒エンジンを引き継ぐと考えられる。1.0Lユニットは71psと8.9kg-mを発生し、1.2Lは80psと10.7kg-mを発生する。

車体は軽量化に注力し、燃費効率を高めているという。またモデルライフの中で、電動化技術を導入する可能性もあり、英国での人気に一役買うだろう。ミラージュはこれまでも装備や価格面で勝るライバルに対して善戦してきた。

2019年5月に三菱の上層部は、ルノー・ゾエやスコダ・シティゴーなどのEVのライバルに並ぶ、ミラージュのEV版を検討していることを話していた。「1台のクルマでアジアと欧州とを同時に満足させることは困難です。一方ではスペックが低すぎ、一方ではスペックが高すぎると見られます」 

「わたしたちにはいくつかの選択肢があります。ルノー・日産アライアンスとの協力で解決策を探ることもできます。三菱として、一部の市場ではバッテリーを搭載したEVへ移行することも可能です」とAUTOCARに答えている。

コルトに代わって登場した現行のミラージュは、2012年に発表。英国へは2013年に上陸している。三菱のコンパクトカーとしては初めてヒルスタート・アシストを装備するなど、充実した標準装備を備えていた。

AUTOCAR JAPAN

最終更新:11/8(金) 11:02
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事