ここから本文です

首里城燃えたら県民がエイサー踊る? 映画監督、舞台あいさつで「深くおわび」

11/8(金) 9:10配信

沖縄タイムス

 都内で2日夜に開かれた映画イベントで、映画監督が「首里城が燃えてる時にみんなこうやって」とエイサーのまねをし、県民が踊っていたかのような発言をしていたことが分かった。県民を侮辱したと受け取られる発言で、監督や主催者は謝罪した。

【画像スライド】変わり果てた姿に絶句…首里城、火災前と後の比較

 発言したのは「シン・ゴジラ」などの作品に造形分野で参加したこともある西村喜廣氏(52)。プロデューサーを務める映画が東京国際映画祭のイベントで上映される前、舞台上で作品関係者とトークをした。

 出演した県出身女優の花影香音さんに「彼女、沖縄の人なので、首里城のこととか」と言葉を掛け、花影さんが「やめてくださいよ。ショックで泣いてしまうから」と返した後に、県民が踊っていたかのような発言をした。他の登壇者が「かわいそう」「もういいから」と制止した。

 西村氏は「侮辱ではなく、早く気持ちを切り替えて頑張ってくださいというエールのつもりだった。不快に思った方、沖縄の方々に深くおわび申し上げます」と謝罪した。映画祭主催者の公益財団法人ユニジャパンも「不謹慎な発言で問題がある。申し訳ありません」と述べた。

最終更新:11/8(金) 18:05
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事