ここから本文です

アストンマーティン初の2輪車『AMB 001』をミラノショーで公開。価格は1000万円越え

11/8(金) 6:00配信

オートスポーツweb

 アストンマーティンは、イギリスのバイクメーカー、ブラフ・シューペリアとともに開発した初の2輪車『AMB 001』を発表。11月5日からイタリア・ミラノでスタートしたミラノショー(EICMA2019)で公開した。

【画像】アストンマーティンAMB 001(リヤ)

 発表された『AMB 001』は、アストンマーティンの美しいデザイン性とブラフ・シューペリアの大会技術が融合して誕生した特別なマシンだという。

 エンジンはDOHCの997cc8バルブ88度Vツインとターボの組み合わせで、最高出力134kW(180 hp)を発揮。またこのエンジンは水冷と油冷のハイブリッドとなっているようだ。

 フロントサスペンションは4輪でメジャーとなっているダブルウィッシュボーン式を採用。ボディはカーボンとなっており、乾燥重量は180kgと発表されている。

 このバイクはサーキット専用となる。海外の情報によれば、価格は108,000.00ユーロ(約1,306万円)で100台限定の発売。発売時期は2020年の第4四半期予定となっている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:11/8(金) 6:00
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事