ここから本文です

【プレミア12】スーパーRの日程発表、侍ジャパンは16日に韓国と激突 初戦は11日豪州戦

11/8(金) 22:55配信

Full-Count

オープニングラウンドを突破してきた4か国と対戦、日本は1勝0敗でスタート

「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)は8日にオープニングラウンドが終わり、スーパーラウンド進出6か国が決定した。11日から日本で行われるスーパーラウンドの日程も発表。3連勝で突破した日本代表「侍ジャパン」はオーストラリアと初戦を戦い、宿敵・韓国とは16日の最終戦で激突する。

【動画】高橋礼とはまた一味違うアンダースロー…独特のフォームが魅力の“韓国サブマリン”が魅せた奪三振

 オープニングラウンドはA組が3勝のメキシコ、2勝1敗の米国、B組が3勝の日本、2勝1敗のチャイニーズ・タイペイ、C組は3勝の韓国、1勝2敗のオーストラリアが突破。オープニングラウンドでの対戦成績は持ち越されるため、侍ジャパンはチャイニーズ・タイペイ戦の白星を持って1勝0敗でスタート。メキシコ、米国、韓国、オーストラリアと対戦する。

 初戦は11日のオーストラリア戦(19時開始、ZOZOマリン)、12日は米国戦(19時開始、東京ドーム)、13日はメキシコ戦(19時開始、東京ドーム)と続き、14、15日は試合なし。16日の最終戦で前回準決勝で日本を破って初代王者に輝いた韓国とも東京ドーム(19時開始)で対戦する。

 米大陸、アジアの各国はそれぞれの地域で今大会最上位に入れば来年の東京五輪出場権を獲得できるため、厳しい戦いが予想される。

Full-Count編集部

最終更新:11/9(土) 9:05
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事