ここから本文です

インフルエンザで休校も、福岡県内で流行が早まる

11/8(金) 9:30配信

九州朝日放送

九州朝日放送

福岡県内では小学校で、学年閉鎖や学級閉鎖が実施されるなど、インフルエンザの流行が例年より早くなっています。

宗像市の吉武小学校では、多くの生徒が発熱やせきなどインフルエンザとみられる症状を訴えたため、7日までの2日間休校となりました。

また、8日には、宗像市の自由ケ丘南小学校と飯塚市の菰田小学校では学年閉鎖、福岡市の小笹小学校と宗像市の自由ケ丘小学校では学級閉鎖が、実施されています。

福岡市では10月21日から27日の期間で、定点あたりのインフルエンザの患者数が流行の目安とされている数値を上回っていて、うがいや手洗いをこまめに行うなどの予防を呼びかけています。

九州朝日放送

最終更新:11/8(金) 14:15
九州朝日放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事