ここから本文です

トランプ氏、慈善財団資金を不正流用 200万ドル支払い命令

11/8(金) 11:44配信

BBC News

米ニューヨーク州最高裁は7日、ドナルド・トランプ大統領が自らの慈善団体の資金を2016年大統領選のために不正に使ったとして、トランプ氏に200万ドル(約2億2000万円)の支払いを命じた。

慈善団体「ドナルド・J・トランプ財団」は、トランプ氏の個人的利益のための「小切手帳と同程度の」機能しかないと州司法当局から指摘され、昨年解散した。

■8つの慈善団体に

サリアン・スカープラ裁判官はこの日、トランプ氏と3人の年長の子どもたちが率いているような慈善団体が、政治に関与することは認められないと決定。

政治活動の費用は、トランプ氏個人が支払わなくてはならないと述べた。

そのうえで、「トランプ氏に200万ドルの支払いを命じる。そのお金は、財団がまだ存在していたら、そこに行くはずだった」とした。

200万ドルはトランプ氏と無関係の8つの慈善団体に贈られるべきだと述べた。

■「受託者の義務違反」

この日の決定でスカープラ裁判官は、トランプ氏が退役軍人のためとして集めた基金を、2016年大統領選のアイオワ州の共和党党員集会に流用することを認めたと認定。「受託者の義務に違反した」と判断した。

一方、ニューヨーク州のレティシア・ジェイムズ司法長官は、長男ドナルド・トランプ・ジュニア、次男エリック・トランプ、長女イヴァンカ・トランプの3氏について、「慈善団体の責任者と職員の義務に関する」必要な研修を受けなくてはならないと述べた。

3氏はトランプ氏の子どもで、トランプ財団で役員をつとめていた。

この訴訟は、ニューヨーク州の司法当局が提起。200万ドルの支払いにより、訴訟は終結する。

トランプ氏と弁護団は、訴訟は政治的動機に基づいていると主張。「薄汚いニューヨーク州の民主党」が「私を訴えるためなら何でもする」と反発していた。

(英語記事 Judge orders Trump to pay $2m for charity misuse)

(c) BBC News

最終更新:11/8(金) 11:44
BBC News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事