ここから本文です

9日、松明あかし 須賀川 岩瀬八幡神社で前夜祭

11/9(土) 8:11配信

福島民報

 須賀川市の伝統の火祭り「松明(たいまつ)あかし」の前夜祭に当たる八幡山衍義(えんぎ)は八日、市内の岩瀬八幡神社で催された。

 神社がある八幡山は一五八九(天正十七)年に行われた須賀川の二階堂家と伊達家の合戦の激戦地で、八幡町町内会が主体となって戦死者の慰霊祭を開催している。甲冑(かっちゅう)武者を先頭に、参加者は小松明を持って山を登った。神社の境内で読経し、武士の魂を慰めた。

 松明あかしは九日、松明通りで、午後一時四十五分に本松明行列、午後三時に大松明・姫松明行列が始まる。午後六時半に五老山で松明の点火を開始し、松明計二十四本が燃えさかる。

最終更新:11/9(土) 8:11
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事