ここから本文です

菌を育てて固めて包丁を作る → 菌の姿を刻み込んだ世界唯一の包丁が完成

11/9(土) 13:00配信

ねとらぼ

 “菌”から包丁が作られました。作ったのは、段ボール、パン、豆腐、海藻……あらゆるものを包丁にしてきた圧倒的不審者の極み!さん。本当になんでも包丁になるんですな……!

【画像】「菌包丁」の切れ味を確認する

 動画の投稿は2019年10月26日ですが、菌を育て始めたのは2019年3月。砂糖水に「酢酸菌」を入れ、段ボールで作った培養装置で育てます。この菌が作るセルロースは、液晶ディスプレイの材料にもなるそうです。

 2カ月後、菌はぷるぷるとした物体になりました。上の方はスライムのような何かに、下の方がイカのようなシートになっています。この謎物体をゆでて、水気を絞って、乾燥させます。さらに乾燥させたものを粉状に。菌の粉が完成しました。

 ここからはアラビアガムを使います。アラビアガムはM&M'Sチョコのコーティングにも使われる材料です。粉とアラビアガムを乳鉢で混ぜると、粘土状の物質が完成。この物質を乾燥させ、木や缶を貫通できるほど堅い材料になったことを確認し、包丁の形に切り、やすりや砥石で削って仕上げていきます。

 最後に、顕微鏡で菌を観察しその姿を元に画像を作成。レーザー加工機で包丁に刻み込みました。自分が育て愛していた菌です。自分のペットの姿を刻み込んだとでもいえるのでしょうか……ともかく、愛があふれる唯一無二の包丁になりました。

 切れ味は今回も上々。キュウリもサクッと切れています。

画像提供:圧倒的不審者の極み!さん

ねとらぼ

最終更新:11/9(土) 13:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事