ここから本文です

玉森裕太がキムタクに急接近…兄貴分・中居正広の“複雑な心中”

11/9(土) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 木村拓哉(46)主演のTBS日曜劇場「グランメゾン東京」が好調な滑り出しで評判になっている。内容もさることながら、関係者の間で注目を集めているのが“準主演”の扱いで出演している「Kis-My-Ft2」の玉森裕太(29)。玉森は木村が演じる一流シェフの元弟子役を演じている。

「今回はキムタクにとって2017年1月期の『A LIFE~愛しき人~』以来、2年半ぶりの日曜劇場となります。『A LIFE』は平均視聴率14・5%、最高視聴率16・0%でしたから、この数字が成功か否かのボーダーラインとなりそうです」(テレビ局関係者)

 玉森はその重要なサポート役を務めているわけだが、木村の玉森への溺愛ぶりが「凄い」ともっぱらなのだ。撮影現場でしょちゅう「裕太!」と声をかけ、まるで弟のようにかわいがっているという。

 玉森もまんざらではないらしく、制作発表会見で「名前を呼ばれる度に心拍数が上がって困っています!」と満面の笑みを浮かべた。

「木村さんは玉森さんと絡むシーンで『裕太! ここはこうやってみたらどうだ?』と芝居のアドバイスをしたり、休憩時間に『ちょっと来いよ』と楽屋に呼んで仕事のことはもちろん、プライベートの相談にも乗ってあげているそうですよ。自宅に招いて食事をする約束をしたとも聞きました」(ある制作スタッフ)

 ジャニーズ事務所の先輩と後輩の間柄だから、ふたりが親密になるのは何の違和感もないが、中居正広(47)だけは気が気ではないようだ。玉森は中居を“兄以上の存在”と仰ぎ、慕ってきた。いずれ中居が事務所を退所することになれば、中居と行動を共にするとみられている「キスマイ」の中でも“急先鋒”のメンバーとされてきたのが玉森だった。

「今回の『グランメゾン東京』のキャスティングを見ると、『キスマイに退所を思いとどまらせたい』というジャニーズ事務所の思いが見え隠れします。実際、玉森さんは木村さんと急接近しているわけですからね。キスマイといえば、7年前にフジテレビ系の連続ドラマ『PRICELESS~あるわけねえだろ、んなもん!』で共演した藤ヶ谷太輔さんも木村さんと親しい。藤ヶ谷に玉森が同調することになれば、形勢は大きく変わることになるでしょう」(別のテレビ局関係者)

 山下智久(34)のように、玉森も気が付けば事務所の稼ぎ頭になっているかもしれない。中居は現在開催中の野球の国際大会「プレミア12」で公式サポートキャプテンを務めているが、弟分の玉森の動向が気になって仕方がないはずだ。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

最終更新:11/9(土) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事