ここから本文です

JALと英社、世界各地でハイヤーサービス 上級マイル会員向け

11/9(土) 17:31配信

Aviation Wire

 日本航空(JAL/JL、9201)とロンドンのトライスター(TRISTAR:Tristar Worldwide Chauffeur Services)は、日本を含む世界各地で利用可能なハイヤーサービスを開始した。マイレージの上級会員が専用ページで予約して利用できる。

 サービス対象都市は、日本国内は東京と大阪、名古屋、札幌、広島、福岡、沖縄、海外は欧州や北米、ハワイ、グアム、豪州、中国、台湾、香港、韓国、東南アジアの主要都市。JALの国際線就航地すべてに加え、コードシェア便が就航する都市や利用者の多い地域もカバーしている。

 対象となる会員は、JALのマイルサービス「JALマイレージバンク(JMB)」のダイヤモンド、JGCプレミア、サファイヤ、クリスタル、JALグローバルクラブの各会員で、JMBホームページの専用URLから予約する。

 サービス開始は10月30日で、期間限定のキャンペーンをサービス対象の全都市・地域で実施中。12月31日までに予約し、2020年3月31日までに利用すると、JAL特別運賃から15%を割り引く。また、ロンドンとシンガポール、バンコク、北京、上海、香港、台北では、12月31日までの予約・利用に対し、1年間有効の空港送迎フリーチケット片道分を抽選で30人にプレゼントする。

 トライスターは1978年設立で、世界83カ国・地域、252都市、280以上の空港でハイヤーサービスを提供。日本語での問い合わせにも対応し、世界共通グローバル保険にも加入している。

Masahiro SATO

最終更新:11/9(土) 17:31
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ