ここから本文です

ユズ尽くし庄川に来て 砺波でまつり開幕

11/9(土) 12:06配信

北日本新聞

 庄川ゆずまつりが9日、砺波市庄川水記念公園で始まり、特産の「庄川ゆず」を買い求める家族連れらでにぎわった。

 庄川地域のユズは皮が厚く、強い酸味や香りが特徴。ことしは約7トンの収穫を見込む。会場では新鮮な生ユズを販売し、料理やユズ湯に使おうと、大勢の人たちが販売開始前から長い列を作った。ユズみそやユズもちなど加工品のほか、すし、うどんなどの料理もユズ入りで販売し、足湯にもユズを浮かべた。

 まつりは実行委員会(斉藤博之会長)が毎年開き32回目。

 連携イベントのとなみ野農業まつりもJAとなみ野本店で開かれ、野菜の販売や芸能ステージなど多彩なイベントで盛り上がった。両まつり共に10日まで。

 ◇ユズ品評会▽県砺波農林振興センター所長賞=眞田とも子▽金屋ゆず生産組合長賞=松井朋子◇農業まつり品評会穀類▽砺波市長賞=吉田明▽南砺市長賞=岩倉一弥▽県米麦改良協会長賞=ファーム八乙女▽県主要農作物種子協会長賞=飯田辰幸▽砺波地区米麦改良協会長賞=松本幸伸◇同農産物▽JAとなみ野組合長賞=松本るり子▽市営農指導協議会長賞=森河信朗▽県農業共済組合長理事賞=大島幸代▽市農業委員会長賞=川合孝次▽全国農協連合会県本部運営委員会長賞=いわがみ営農組合▽全国共済農協連合会県本部運営委員会長賞=カントリー岩屋▽県野菜協会長賞=百生真▽県農林漁業振興会長賞=中嶋義昌▽県農業会議会長賞=安清集落営農組合

最終更新:11/11(月) 12:29
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事