ここから本文です

コスト制限導入前年……2020年のF1は”史上最もお金がかかる”シーズンに?

11/9(土) 11:27配信

motorsport.com 日本版

 アメリカGPの際に明らかにされた、2021年から導入される新レギュレーション。これまでのスポーティング、テクニカルに加え、ファイナンス・レギュレーションも用意され、各チームには年間の使用予算制限が課せられることになった。

【動画】2019年F1第19戦アメリカGP決勝ハイライト

 しかしその一方で、2020年シーズンは予算制限が課せられない。つまり予算は”使い放題”となるわけだ。そのためトップチームは、2021年からの新時代を優位にスタートするための開発を、来年から先行して行えば、十分にメリットがあることを認識しているようだ。

 F1の首脳陣は、風洞実験とCFD(計算流体力学)の使用時間が制限されていることで、投資額が抑えられるはずだと語る。しかしレッドブル・ホンダのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、投資する価値がある十分なエリアが残されていると考えているようだ。

「他の分野では、研究開発に費やすことができる予算額が、無制限で管理されていない部分がある」

 そうホーナー代表は語る。

「私にとっては、以前言っていたことのままだ」

「最初にコスト制限を導入し、それから1年後に規制を導入した方が良かった。なぜならコスト制限が支出額を制約したからだ」

「来年のF1は、これまでで最も高価な年になりそうだ」

 ホーナー代表曰く、レッドブルにはすでに、2021年レギュレーションの対策に専念するスタッフが存在するという。そして2020年は、マシン開発に集中するふたつのグループが必要になるだろうと語る。

「2021年のレギュレーションが明確になったため、それに向けた調査を先行して開始するチームが出来上がった」

 そうホーナー代表は言う。

「そのことによって、2020年は信じられないほど高価な年になるだろう。新しいコスト制限が課せられる前に、2種類のレギュレーションに応じて開発することになるからだ」

 支出額の高騰を予想しているのは、トップ3チームだけではない。ルノーも、2021年のレギュレーション変更という”チャンス”を最大限活用するためには、多くの資金を投じる必要があると認める。

 ルノーF1チームの代表であるシリル・アビテブールは、2021年の準備を整えるために、2020年用マシンに開発を早々に止めることを余儀なくされる可能性があると語る。

「全てのチームが同じ状況に直面していると言える。しかし、特に名前は申し上げないが、彼らがいる場所に満足しており、我々が2021年に抱いているような野望を持っていないチームもいくつかあるんだ」

 アビテブール代表はそうmotorsport.comに対して語った。

「そういうチームにとっては議論のポイントにはならないかもしれないが、我々にとっては重要なんだ」

「我々が今競い合っている一部のチームよりも、はるかの多くの投資を行う必要がある。それはチャレンジになるだろう」

「我々も、2020年に入れたモノが実用的でなければいけない。しかし、例えばレーシングポイントは、2021年に興味を持っているのだろうか? もちろん、彼らは2021年にレースをする。しかし、2021年に大きな違いがもたらされると期待しているだろうか? 私には分からない」

「それが我々の野心や目的のための戦略だ。それはチームによって異なるんだ。非常に短期的に、コース上でのパフォーマンスに影響を与える可能性がある。それは我々が受け入れ、そして直面しなければならない挑戦なんだ」

Jonathan Noble

最終更新:11/9(土) 11:27
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事