ここから本文です

「こんなこともできないの、オレ」 苦節のシーズン終盤、久保谷健一が初の予選通過

11/9(土) 10:01配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2日目◇9日◇PGMゴルフリゾート沖縄(沖縄)◇7226ヤード・パー71>

一時はしゃがむこともままならなかった【写真】

「ひとつ言えるのは、今年初めて予選を通りました」。首位と4打差・単独6位につけた久保谷健一は、シーズン終盤でようやく今季初めての予選通過を果たした。

今年で47歳を迎え、ここまでの今季17試合で予選落ちが続く中、ひとつの“くぎり”を感じることもあった。「同じコースでやっているのに、自分が思っているカットラインがどんどん上がっていく。毎年思っているんだろうけど、今年はとくに。自分のレベルだと結構いいゴルフをしないと予選を通らない」。2017年の「パナソニックオープン」で同世代の宮本勝昌を下して通算7勝目を飾ったが、持病の腰痛が悪化していき18年は賞金シードを手放した。パナソニックオープンで手にした複数年シードも、今年が最後となっている。

「飛距離が落ちていくのは許せるけど、簡単なことができなくなるのが落ち込む。こんな事もできないの、オレって」。経験を重ねるにつれて、若手選手やこれまでの自身との差を痛感していく日々。数年後のシニア入りも視野に入れ、体に合わせてスイングや道具の変化についても考える一方で、「ちょっと休みたいのもあるかな」とこぼす。

しかし、沖縄開催の大会で過去2度勝利を挙げている久保谷。本大会でも連日の「68」をマークして、「どっちかというと、なんでみんな伸びないの?という感じです。得意かどうかはわからないけど、好きなだけなんですけどね」と余裕もうかがえる。本大会で上位に入れば、賞金シード獲得の可能性も十分に残されている。

しかし、今はまだ結果を出そうと狙う段階ではないと話す。「ゴルフって4日間やらないとヘタになる。自分が決勝ラウンドでどういう風によかったのか悪かったのかを毎回確認しないと、ツアーって1年間うまくできない。せっかく4日間やるんだから、どう悪いのかを見つけたいね」。気負うこと無く、久々の週末を噛みしめる。

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:11/9(土) 10:01
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事