ここから本文です

チェ・ホソンが首位浮上 今平周吾が1打差

11/9(土) 16:07配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 3日目(9日)◇PGMゴルフリゾート沖縄(沖縄)◇7226yd(パー71)

【写真】一発合格の笑み

3打差の3位で出たチェ・ホソン(韓国)が6バーディ、3ボギーの「68」でプレーし、通算10アンダーとして首位に立った。2018年11月「カシオワールドオープン」以来のツアー通算3勝目に向け、1打差で最終日を迎える。

通算9アンダーの2位に賞金ランキングトップの今平周吾がつけた。リチャード・ジョン(カナダ)とスコット・ビンセント(ジンバブエ)が通算7アンダーの3位で続いた。

2位から出た宮本勝昌は通算4アンダーで池田勇太らと並んで8位となった。

<上位成績>
1/-10/チェ・ホソン
2/-9/今平周吾
3T/-7/R.ジョン、S.ビンセント、
5T/-6/D.ペリー、B.ケネディ
7T/-5/S.ノリス
8T/-4/R.ワナスリチャン、木下稜介、キム・ソンヒョン、T.ペク、池田勇太、宮本勝昌

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事