ここから本文です

【台風19号】行方不明、運転見合わせ、避難… なお被害拡大続く神奈川

11/9(土) 5:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 神奈川県が8日の災害対策本部会議で公表した台風19号の被害まとめによると、県内の住宅被害は2634棟(非住家除く)に上った。このうち全壊は3市で47棟、半壊は10市町で608棟、一部損壊は20市町で759棟。床上・床下浸水は11市町村で1220棟まで膨らんだ。調査中の自治体もあり、今後さらに被害が増える可能性がある。

【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

 県内では14人が死亡。相模原市緑区牧野地区で土砂崩れに巻き込まれた夫婦2人と、川崎市沖で沈没したパナマ船籍貨物船の男性乗組員1人の計3人が依然行方不明となっている。重軽傷は14市町で計40人。

 土砂災害は6市町の189カ所。箱根登山鉄道は箱根湯本-強羅間(約8・9キロ)で運転見合わせが続いている。避難所は川崎市高津区と相模原市緑区にそれぞれ1カ所開設され、計18人が身を寄せている。

 県は8日までに、職員の派遣要請があった相模原市に土木職職員2人を長期派遣することを決めた。早ければ週明けにも派遣し、本年度内をめどに道路などの復旧に向けた作業に加わるという。

神奈川新聞社

最終更新:11/9(土) 5:00
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事