ここから本文です

アニメーターが1日500人規模の海外アニメイベントに行ってみた ドイツのアニメファンに触れてみて

11/9(土) 18:00配信

ねとらぼ

 今回取り上げるのは、独・フライブルクで9月20日~22日にかけて開催されたアニメイベント、「アニメフェスティバル・フライブルク」。来場者数は3日間で1500人ほどと、比較的小規模なイベントです。

【画像】アニメーターの三木達也さん

 海外のアニメ系イベントといえば、米・ロサンゼルスで開催されている「Anime Expo」や仏・パリの「Japan Expo」などの大規模なものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかしそうしたイベントの一方で、欧米で小規模なイベントが多数開催されていることは、あまり知られていません。

 ドイツでは、参加人数500人~2500人程度のイベントが、年間25回ほど開催されているとのこと。なかなか日本まで入ってこないこうしたイベントの様子について、「アニメフェスティバル・フライブルク」にゲストとして参加した、アニメーターの三木達也さんにお話を聞きました。

 三木さんはアクションやエフェクトを得意とするアニメーターで、「進撃の巨人 サードシーズン」ではアクション作画監督として参加。海外でアニメ文化がどのように受け入れられているかを見てみたかったことが、イベント参加の決め手だったそうです。三木さんがメディアの取材を受けるのは初。インタビュー前半ではイベントの様子を、後半では三木さんの業界歴についても語ってもらいました。

街の写真を生かしたライブドローイング

――イベントお疲れ様でした。今回のイベントは主催側がTwitterでゲスト募集を行った流れもユニークでしたね

三木:そうですね、何人か応募があったみたいです。その中から自分が選んでいただけたのは、ドイツでも人気の「進撃の巨人」などに参加していたからかもしれません。

――海外イベントに参加されるのは初とのことですが、準備で大変なことなどはありましたか?

三木:パスポートの申請期間がカツカツだったのが一番慌てました。発行には写真付きの身分証が必要なのですが、免許も持っていなかったので、マイナンバーカードを急いで発行したり……。

――参加にあたり楽しみにしていたことは?

三木:生で海外のアニメファンと触れ合う機会はなかなかないので、実際に会ってみたかったんですよね。

――「アニメフェスティバル・フライブルク」はローカルなイベントながら、入場料を高めに設定することで日本からゲストを呼べる仕組みになっているそうですね。(※大人の当日券が20~25ユーロ=約2400~3000円/参考:小さなアニメイベントを日本人ゲストと盛り上げるためには=日独交流最前線 - COMEMO)

三木:ヨーロッパだとこうした小規模のイベントが結構開催されているそうなんですよね。会場は学校の講堂くらいのイメージで、1日500人、3日間で1500人ほどが来場するイベントでした。

――イベントでは何をやられたのですか?

三木:イベント期間中は毎日ライブドローイングとサイン会をして、最終日には質問コーナーも行いました。ライブドローイングは1時間くらいで描く流れで、始めは「間に合うのか?」と不安でしたが、30分くらいで行けそうだと分かったので、作業中も客席からの質問に答えたりしました。

――ライブドローイングで描くテーマはどのように決めていったのでしょうか。

三木:。当初「『進撃の巨人』みたいに屋根の上を走る画をお願いしたい!」というお話もあったんですが。

――それは、1時間だと……

三木:「進撃」のアクションはめちゃくちゃ手が込んでるので、全部描くとなると1時間では厳しいなあと(笑)。そこで、「開催地であるフライブルクの街の写真を使ってキャラが動いたら楽しいんじゃないか」という提案をいただきまして。それなら行けそうだということで、初日の朝イチで写真を撮りに、街を見て回りました。

――作画は紙で?

三木:普段は紙で作画していますが、筆圧がめっちゃ薄くてカメラに映るか怪しかったので、ライブドローイングでは「CLIP STUDIO」を使いました。CLIP STUDIOは使えるっちゃ使えるけど、過去10回くらいしか使ったことがなかったので、そこだけが不安でした。

――機材は持ち込みだったのでしょうか?

三木:現地で液タブとソフトを用意していただきました。1時間でなんとか完成して、お客さんの反応も上々だったので何よりでした。

――デジタルでも描けるのに、普段紙での作業にこだわる理由は?

三木:やはり速さです。デジタルだとセルを重ねやすかったり、クオリティーの底上げはしやすいと感じますが、自分の場合結局紙で描いた方が速いんですよね。デジタルだと手元ですぐにタイミングのチェックができるのも利点です。自分は手元でパラパラしながら、ストップウォッチで見ています。

――普段はクイックチェッカーも使わないんですね。

三木:使わないです。業界的にもチェッカーを使いたい派と使いたくない派がいるみたいで。使いたくない派の意見でなるほどと思ったのは、伊藤嘉之さんが言っていた「チェックしたら失敗しないじゃん」というお話。完成画面が見えてしまうため、偶発的に成功する面白さが期待できなくなってしまうというんですね。

※伊藤嘉之:アニメーター。「鋼の錬金術師」「ひそねとまそたん」などでキャラクターデザインを担当。

――なるほど。

三木:まあ自分が使わないのはクイックチェッカーの使い方が分からないからなのですが……。

――なるほど……。最終日の質問コーナーはどんな感じでしたか?

三木:本当にアニメに興味があって、直接話を聞いてみたいという人が来てくれていました。CGアニメーター志望の人もいて、「どういう勉強をすれば良いですか?」って質問をくれたりだとか。

――それにはなんと答えましたか?

三木:自分も映画をよく見るようにしているので、とにかく「良いものをたくさん見て」と伝えました。その人にはイベント終了後の観光日にも街角でばったり再会して、「アニメや漫画のグッズなかなか売ってないね」と言ったら、「ドラッグストアに売ってたりするんですよ」と案内してくれたり、楽しい経験でした(笑)。

――イベントでは他の出し物はどんなものがありましたか?

三木:いろんなものがあって、多かったのはグッズを売っているところかな。同人誌を売ってる人もいましたし、アニメの上映会があったり。イベントではコスプレしてる人が多かったですね。

――コスプレのイベントもあった?

三木:コスプレ大会があって盛り上がっていましたよ。あとは会場内をコスプレ姿で自然に過ごしている人たちが印象的でした。階段の踊り場とかで楽しそうにおしゃべりしていたり、そういうのを見るだけでも新鮮で面白かったです。

――参加者は何目当ての人が多かったですか?

三木:わりとバラバラだったんじゃないかな。書店で置いてないようなレアな漫画も売っていたりするので、そちらが目的で来てる人も多いようでした。4日目の観光日に本屋を巡ってみましたが、漫画が少ないというより、そもそも電子化の流れで本屋が少なくなってきているんだろうなというのも感じました。

――行ってみて、行く前のイメージとは違いましたか?

三木:そもそも予想ができてなかったんですよね。まず海外のイベントってあまり情報が入ってこないじゃないですか。ドイツのファンがどのような温度感で楽しんでくれているのかが知れたのは良かったです。

――三木さんはコミケでも本を出されているので、そこでもファンと触れ合う機会はあるわけですよね。

三木:コミケでも、会場で直接買いに来てくれる人に手渡すときはうれしいですし、ありがたいですよ。

――コミケへの参加もファンとの触れ合いが目的で始められたのでしょうか?

三木:それもありますが、アニメーターになってからひたすらコンテを元に原画を描いてきて、コンテ無しで絵を描こうとしたときに、ふと描けなくなってたことに気付いたんです。それはちょっとクリエイターというか、絵描きとして恥ずべき状態だなと思って、お客さんの目線を考えながら描く修行の場として、コミケにも出るようになりました。

――結構ストイックな理由だった……。

三木:ただ、アニメの原画と同じで、描き終わると興味がなくなっちゃうところもあって。この前もコミケの原稿が終わって満足していたら、サークルチケットをなくしてしまい、一緒に参加してくれたサークルの人に叱られました……。

――はい……。今更ですが、三木さんがメディアのインタビューを受けるのは初ですよね。業界歴などについても聞かせてください。

1/4ページ

最終更新:11/9(土) 18:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ