ここから本文です

【パンクラス】”ビルダー系女子”沙弥子がキレた腹筋で計量パス「目の前に来た相手を倒す」

11/9(土) 15:23配信

イーファイト

 11月10日(日)東京・スタジオコーストで行われる『PANCRASE 310』の前日計量が9日、都内にて行われた。

【フォト】沙弥子と対戦相手の17歳・イェリンの計量後ツーショット

 第7試合の女子アトム級 5分3Rni出場する沙弥子(29=さやこ/リバーサルジム横浜グランドスラム)と、対戦相手のホン・イェリン(17=DKジム/韓国)が計量に臨み、沙弥子が47.6kg、イェリンが47.2kgで共に1回で計量をパスした。

 沙弥子は柔道で10年のキャリアを誇り東京学生選手権で3位入賞の実績。ボディビルにも挑戦し、17年6月には『第25回 東京オープンボディビル選手権』において「ミスビギナー」カテゴリーで3位入賞などの実績を誇る。MMAではここまで4勝(1KO)1敗、直近4連勝の好成績を残しており、今回がパンクラス初参戦となる。

 試合を明日に控えた沙弥子のコンディションは「かなり抜群」と相当な自信の仕上がりの様子。対戦相手のイェリンとは計量で初めて顔を合わせたが「思いのほか小さかった。自分の方が小さいけど(沙弥子153cm、イェリン155cm)威圧感を感じるほどではなかった」と精神的にも優位に立ったまま試合に臨める充実ぶりを感じさせた。

 キックボクシングベースのイェリンに対し、沙弥子はバックボーンの柔道を発展させて戦うと宣言。「柔道技を活かして、なおかつグラウンドでもいいものを見せられる展開に」と自らの強みを活かした展開になると予想。ここまでのキャリアで収めた4勝のうち実に3勝が韓国選手相手だが、「目の前に来た相手を倒す」と不用意な得意意識も持たず、真摯に対戦相手に向き合う構えを見せる。

 イェリン戦の先については「大きなことは言えないけど」と前置きながら「もっと強い選手と戦って実力を上げたい」と語る沙弥子。見据えるのはベルトか大きなイベント出場かの明言はお預けとなったが、高みを目指す姿勢はできている。昨年12月以来の試合となる今回だが、「体が戦うことは覚えているので、それを信じて勝っていきたい」と自信をみなぎらせ明日の一戦へ臨む。

<計量結果>
▼第7試合 女子アトム級 5分3R
沙弥子(リバーサルジム横浜グランドスラム) →47.6kg
vs
ホン・イェリン(DKジム/韓国) →47.2kg

最終更新:11/9(土) 15:24
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事