ここから本文です

<佐藤健>松岡茉優に大声で怒られ「怖かった」 “ピーナツ投げつけ”にも…

11/9(土) 16:01配信

MANTANWEB

 俳優の佐藤健さんが11月9日、東京都内で行われた映画「ひとよ」(白石和彌監督、公開中)の公開記念舞台あいさつイベントに登場。妹役を演じた松岡茉優さんから怒られるシーンを振り返り、「耳元で大声で怒られて、正直、怖かった」と松岡さんの迫力に驚いたことを明かした。

【写真特集】黒スーツ姿がカッコイイ…佐藤健の別カット シックなスカートコーデの松岡茉優、おしゃれなMEGUMIも

 佐藤さんが恐怖したというのは、松岡さん演じる妹が、佐藤さん扮(ふん)する兄に向かってピーナツを投げつけながら怒りをぶつけるという場面。ピーナツをぶつけられた佐藤さんは「結構痛かったんですよ。実は」と苦笑いで、松岡さんは「私は投げたいとは言っていないです。監督が『投げてくれ』と」と白石監督の演出だったと釈明しつつ、「あのシーンは本当に(佐藤さん演じる)雄ちゃんが許せなかった! いい加減にしてくれと思った」と役に入り込んでいたことを明かしていた。

 イベントには鈴木亮平さん、MEGUMIさん、佐々木蔵之介さん、白石監督も出席。司会から「共感したセリフやシーンは?」と聞かれると、佐藤さんは「(松岡さん演じる)園子がベロベロになって、リバースしてから『まだ吐くよ』というセリフ。あのセリフ、めちゃくちゃいいよ。一番いいかもしれない! あんなリアルなセリフ、久々に聞いた」と松岡さんの演技を大絶賛。白石監督が「あれは茉優ちゃんのアドリブ」と語ると、佐藤さんは「さすがですね!」と大きな笑顔を見せていた。

 家族について考えさせられる映画とあって、それぞれが家族観を語る一幕も。佐藤さんは「僕は今、30歳」と切り出し、「これから家族を築いていくと立場だと捉えると、憧れかな」とコメント。「未知の存在でありながら、非常に憧れがあります」と胸の内を語っていた。

 「ひとよ」は、「鶴屋南北戯曲賞」「読売文学賞戯曲・シナリオ賞」などを受賞した劇作家の桑原裕子さん率いる劇団「KAKUTA」の舞台作品を映画化。15年前、稲村家に起きた一夜の事件が母(田中裕子さん)と子供たち3兄妹の運命を大きく狂わせた。一家は、事件にとらわれたまま別々の人生を歩み、15年後に再会を果たす……というストーリー。

最終更新:11/9(土) 17:12
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事