ここから本文です

「アベンジャーズ/エンドゲーム」より長い2019年の傑作映画4選 “見るマラソン”を制してこその感動があった!

11/9(土) 11:00配信

ねとらぼ

 突然だが、“上映時間の長い映画”の鑑賞に躊躇してしまうことはないだろうか? 忙しい現代社会、娯楽も多様化し、誰しも時間に追われる中、わざわざ劇場へ足を運ぶとなれば、長尺映画は選びにくくなっているのかもしれない。

【画像】7時間超えの映画「サタンタンゴ」

 2019年のメジャー公開作での長尺映画には「アベンジャーズ/エンドゲーム」(3時間2分)、上映中の「IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」(2時間49分)、12月20日公開の「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」(2時間35分予定)などがある。それぞれが人気シリーズの最終作であり、きちんと“終わらせる”ために上映時間が伸びるのは致し方ないが、それでも見る前に「冗長になってしまうのは避けて欲しい」「主に膀胱が心配……」と心配になってしまう方もいるだろう(筆者含む)。

 しかし、やはり世の中の長尺映画には長いなりの理由が十二分にあり、その長い時間を(“見る”というよりも)“体感”してこその感動があるのも事実だ。ここでは、2019年に公開された映画から、相対的に「『アベンジャーズ/エンドゲーム』の3時間2分は短い!」と思えるかもしれない、知る人ぞ知る4本の傑作長尺映画を紹介しよう。

1:「象は静かに座っている」

 まず紹介したいのが「象は静かに座っている」だ。上映時間は3時間54分。休憩(インターミッション)なしでの上映のため、事前のトイレはもはや必須事項だ。

 内容を端的に記せば、鬱屈した人生の真っ只中にいる4人の男女の1日を描くというドラマだ。友人をかばって不良を突き落としてしまった少年、家に居場所がなく教師と関係を持つ少女、親友を自殺に追い込んでしまった青年、娘夫婦に邪険にされ老人ホーム行きを拒もうとしている初老の男と……それぞれがジョーカーになってもおかしくないほどに人生がどん詰まり状態になっている。

 そんな4人は、2300キロも離れた遠くにいる、一日中ただ座り続けているという奇妙な象のうわさを耳にする。それは彼らの人生とは何の関係もないはず……そう、“はず”なのだ。その座っている象のうわさが、彼らにとって希望になるのか、はたまた関係のないまま物語が終焉するのか……そこも見どころとなっている。

 長い上映時間は、“長回し”に由来するものがほとんどだ。カットを切り替えることなく、人物の歩む道のりや表情をじっくりと映すショットそれぞれが、地方都市の閉塞感と、彼ら彼女らの“最悪の1日”を描くために必要不可欠だったのだ。

1/3ページ

最終更新:11/9(土) 12:26
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事