ここから本文です

熊本城 小天守にしゃちほこ復活

11/9(土) 14:07配信

熊本日日新聞

 2016年の熊本地震で被災した熊本城で9日、地震で壊れた小天守(高さ約20メートル)のしゃちほこ2体のうち1体を復元し、屋根に設置した。もう1体も23日に置く予定で、小天守のしゃちほこは3年半ぶりに元の姿を取り戻すことになる。

 午前10時すぎ、しゃちほこ(高さ86センチ、重さ約70キロ)がゆっくりとクレーンでつり上げられ、工事用の足場を組んだ小天守に置かれた。隣の大天守(高さ約30メートル)は外観の修復を終えたが、小天守は損傷が激しく、現在も復旧工事が続く。

最終更新:11/9(土) 14:07
熊本日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事