ここから本文です

【ジャパンキック】石原將伍、タイ王座再挑戦も衝撃KO負け

11/9(土) 23:04配信

イーファイト

ジャパンキックボクシング協会(JKA)
「KICK Insist 9(第2部)」
2019年11月9日(土)東京・新宿FACE

【フォト】ヒザ蹴りを見舞うペットルン

▼第8試合 ダブルメインイベント タイ国チョンロン・ムエサイアム認定スーパーフェザー級王座決定戦 3分5R
〇ペットルン・シットパーケット(タイ)
KO 2R58秒 ※右ハイキック
●石原將伍(ビクトリージム/JKAフェザー級王者)

 今年5月に設立され、3度目の開催となった今大会は昼夜二部制となり、第2部のメインイベントではJKAフェザー級王者・石原がタイの王座に挑戦した。石原は17年10月に当時11戦無敗だった高橋亨汰との新日本キックフェザー級王座決定戦を3RKOで制し、念願のタイトル獲得を果たした。その後、今年3月に渡タイし、今回挑戦する同王座決定戦に臨んだが1RKO負け。8ヶ月ぶりの再起戦で再び王座を狙う。対するペットルンは75戦50勝(10KO)23敗2分の戦績を持つテクニシャンタイプだという。

 1R、石原は右インロー、ワンツーと繰り出すが、ペットルンはゆったりとした動きを見ながらしっかりディフェンス。強烈な右ローで石原を転倒させて主導権を握る。

 2R、手数を増やすペットルンは右ローで石原をこかすと、そのまま蹴りにつなぐ危険な攻撃。左ミドル、テンカオと次々と強打を当てて石原を下がらせたペットルンは最後に右ハイを見舞いKO。大の字に倒れた石原がしばらく立ち上がることのできないほどの強烈な一撃だった。

最終更新:11/9(土) 23:04
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事