ここから本文です

生誕25周年で2度目の舞台化! 舞台「魔術士オーフェン はぐれ旅-牙の塔編-」公開ゲネプロ

11/9(土) 13:33配信

ねとらぼ

 舞台「魔術士オーフェン はぐれ旅-牙の塔編-」が11月7日、東京の六行会ホールで開幕。初日に行われた会見には、メインキャストの松本慎也さん(オーフェン役)、天音みほさん(クリーオウ役)、奥井那我人さん(マジク役)、西尾来人さん(ボルカン役)、中村悠希さん(ドーチン役)、花奈澪さん(アザリー役)、末野卓磨さん(ウォール・カーレン役)が登壇しました。

【画像】舞台カット(10枚)

 「魔術士オーフェン」は、秋田禎信さんによるハイファンタジー小説(ライトノベル)が原作。1994年に第1巻が発刊され、シリーズ累計発行部数は1200万部を突破。1998年から2000年にかけて、テレビアニメが第2期まで放送されており、2020年には「シリーズ生誕25周年プロジェクト」の一環として、新作テレビアニメの放送も決定しています。舞台化は8月の上演に続く2度目で、「牙の塔編」としてウォール教室のハイドラントらとの戦いが描かれます。

 ねとらぼでは、公開ゲネプロと初日会見の様子を動画や写真とともにお届けします。


会場
六行会ホール 2019年11月7日(木)~12日(火)
キャスト&スタッフ(敬称略)
オーフェン:松本慎也、クリーオウ:天音みほ、マジク:奥井那我人、ボルカン:西尾来人、ドーチン:中村悠希、キリランシェロ:上堂地かんき、フォルテ:小栗諒、レティシャ:千歳ゆう、パトリシア:松岡ななせ、ティフィス:田中宏輝、スエイン:門野翔(@emotion)、ハイドラント:及川洸、ヴィンビ・ストットアウル:高岡裕貴、アザリー:花奈澪、ウォール・カーレン:末野卓磨、アンサンブル:松田浩毅、寺田遥平、飯嶋耕太、足利至、小倉江梨花(ASSH)、梅田祥平(ASSH)、佐藤友咲
原作:秋田禎信『魔術士オーフェン はぐれ旅』(TOブックス刊)
脚本:吉田武寛(LIPS*S/ILLUMINUS)
演出:松多壱岱
(C)秋田禎信/TOブックス/舞台『魔術士オーフェン』製作委員会

ねとらぼ

最終更新:11/9(土) 13:33
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事