ここから本文です

東大阪逃走 失態に「何をしているのか」住民らは不安と怒り

11/9(土) 11:43配信

毎日新聞

 保釈が取り消された被告の収容を巡り、また逃走事件が起きた。9日午前4時ごろ、東大阪市新町の路上で、大植良太郎被告(42)=覚せい剤取締法と大麻取締法の違反罪で公判中=が、護送中のワゴン車から走って逃走。現場近くの住民らは不安を募らせ、検察の失態に怒りをあらわにした。

 会社経営の男性(73)は午前5時ごろに散歩中、大型の警察車両が止まっているのを目撃。近くの公園では警察官が巡回し、物々しい雰囲気だったという。男性は「岸和田で逃走事件があったばかり。検察は何をしているのか」と憤った。

 現場は東大阪市花園ラグビー場に近い住宅街。市は午前7時半から3回、防災行政無線で注意を呼びかけた。付近の会社員の男性は「通学路があり、子供も多い場所なので不安だ。早く捕まえてほしい」と話した。【土田暁彦、隈元悠太、森口沙織】

最終更新:11/9(土) 17:38
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事