ここから本文です

「イケメン源氏伝 あやかし恋えにし」舞台化、主演は源義経役の矢部昌暉

11/9(土) 15:00配信

ステージナタリー

舞台「イケメン源氏伝 あやかし恋えにし ~義経ノ章~」が、2020年2月14日から20日まで東京・三越劇場で上演される。

本作は、CYBIRDが運営する女性向け恋愛ゲーム「イケメン源氏伝 あやかし恋えにし」の舞台化作品。脚本・演出を伊勢直弘が手がける。

出演者には、源義経役の矢部昌暉(DISH//)、玉藻役の谷佳樹、鞍馬役の橋本全一、安倍泰親役の石渡真修、梶原景時役の宮城紘大、平重衡役の東将司、安達盛長役の瑛、那須与一役の荒一陽、武蔵坊弁慶役の松川大祐、ヒロイン役の小槙まこ、そして源頼朝役の伊阪達也が名を連ねた、

上演に向けて矢部は、「この作品の源義経がもつ魅力と自分自身を掛け合わせて、さらに魅力的な義経公を演じられたらなと思います」と意気込みを語っている。チケットの一般販売は2020年1月11日にスタート。

■ 矢部昌暉コメント
源義経役の矢部昌暉です。
僕は歴史がとても好きなので、まさか自分が源義経になれるなんて……とても嬉しいです。
そして大人気のイケメンシリーズに初参加できることも大変光栄に思います。
ミステリアス×穢れなき狂気。
この作品の源義経がもつ魅力と自分自身を掛け合わせて、さらに魅力的な義経公を演じられたらなと思います。
皆様のご来場お待ちしております。

■ 伊勢直弘コメント
優雅かつハードな世界観の中に、思いの強さや葛藤、儚さが盛り込まれた魅力的なドラマ。
キャラクターも個性的で、舞台化にはとても相性が良い作品だと感じました。
「イケメンシリーズ」は舞台でもいくつもタイトルが上演されている人気コンテンツ。刺激的で新しい挑戦ができそうで楽しみです。
「イケメン」というまっすぐなワードチョイスにふさわしい、まっすぐな舞台作品に磨き上げていきます。お楽しみに。

■ 舞台「イケメン源氏伝 あやかし恋えにし ~義経ノ章~」
2020年2月14日(金)~20日(木)
東京都 三越劇場

原作:CYBIRD「イケメン源氏伝 あやかし恋えにし」
脚本:演出:伊勢直弘
原作脚本監修:久里山奈知、越田夢乃(CYBIRD)

□ キャスト
源義経:矢部昌暉(DISH//)
玉藻:谷佳樹
鞍馬:橋本全一
安倍泰親:石渡真修
梶原景時:宮城紘大
平重衡:東将司
安達盛長:瑛
那須与一:荒一陽
武蔵坊弁慶:松川大祐
ヒロイン:小槙まこ

源頼朝:伊阪達也
ほか

(c)CYBIRD / 舞台「イケメン源氏伝」製作委員会

最終更新:11/9(土) 15:00
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事