ここから本文です

阿炎と若元春が反省文、SNS不謹慎投稿で厳重注意 九州場所は出場へ

11/9(土) 14:11配信

デイリースポーツ

 「大相撲九州場所」(10日初日、福岡国際センター)

 SNS(会員制交流サイト)のインスタグラムに不謹慎な投稿をした問題で小結阿炎(25)=錣山=と十両若元春(26)=荒汐=が9日、福岡国際センターを訪れ、日本相撲協会に反省文を提出し、八角理事長(元横綱北勝海)に謝罪した。危機管理部長の鏡山親方(元関脇多賀竜)には口頭で厳重注意を受けた。両者は九州場所に通常通り出場する。

 九州場所を翌日に控え、土俵祭りに参加した阿炎は理事長から「土俵で目立ちなさい。その他はいいから」と自覚を促された。「もっと自覚を持って相撲を取れたらと思う。今回は自覚が足りなかった。これからの自分を見てほしい。これから自分は変わっていきたい」と神妙な表情。若元春は「すいません」と繰り返した。

 投稿したのは若元春をガムテープで口や手足を縛った動画。暴力根絶に尽力する角界で責任ある関取の行動としては軽率感は否めず、SNS上でも批判の声が殺到していた。

 協会は力士、親方ら協会員によるSNSの個人使用を自粛するよう各部屋に通達した。

最終更新:11/9(土) 14:25
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事