ここから本文です

萩野公介 200背Vも代表基準タイム0秒51届かず…10日200個メで再挑戦

11/9(土) 15:15配信

デイリースポーツ

 「競泳・社会人選手権」(9日、静岡県富士水泳場)

 男子200メートル背泳ぎ決勝が行われ、リオ五輪400メートル個人メドレー金メダリストで予選1位の萩野公介(25)=ブリヂストン=は1分57秒96で優勝した。しかし日本代表候補入り基準タイムであるインターナショナル標準記録(1分57秒45)には0秒51届かず。10日の200メートル個人メドレーで同記録(1分59秒23)の突破を目指すことになる。

 「レースに対しての集中が課題なので、それをちゃんとやろうって思っていた」と振り返った萩野。個人メドレーを中心に練習を重ねてきたといい「悪くはなかったけど、ターン前後が課題。(背泳ぎを)練習していないなって感じはした」と苦笑いを浮かべた。

 「もちろんもっと速ければよかったけど、1本泳いで体にスイッチが入った感じがする」と萩野。10日は標準記録突破へ向けたラストチャンスとなるだけに「いいレースをすれば間違いなく切れると思っている。1つ1つを100%で取り組もうと思う」と語った。

最終更新:11/9(土) 15:24
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事