ここから本文です

【京都ジャンプS】1番人気ディライトフルが重賞初制覇 白浜「信じて乗りました」

11/9(土) 14:57配信

スポーツ報知

 11月9日の京都8R・京都ジャンプS・JG3(障害・直線芝3170メートル=13頭立て)は、単勝1・3倍と断然の支持を集めたディライトフル(セン8歳、父フジキセキ=栗東・大久保龍志厩舎)が逃げ切って勝利。2連勝で重賞初制覇を飾った。勝ち時計は3分34秒6。

 好スタートからハナに立つと、終始リズム良く運び、そのまま一人旅で2着に5馬身差をつけて押し切った。「手応えはずっと良かったです。強い馬なので、信じて乗りました。デビュー当時から強かったけど、落ち着きが出て、競馬では前向きに走ってくれます。強い馬になってきてくれてうれしいです」と白浜雄造騎手。自らが持つ最多記録を更新する障害重賞21勝目を笑顔で振り返った。

 大久保龍志調教師は「徐々に障害になじんできた感じですね。うまくリカバリーしながら走れています。これから、もっとなじんでいってくれれば。大きなところに行くしかないでしょうが、もともと脚元が弱かった馬なので、様子を見ながら相談します」と話した。

 2着には5番人気のルペールノエル(高田潤騎手)が入り、3着は3番人気のトラキアンコード(石神深一騎手)だった。

最終更新:11/9(土) 15:04
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事