ここから本文です

【プレミア12】ビヤヌエバが右手首負傷でメンバー外れる

11/9(土) 18:13配信

スポーツ報知

 2日(日本時間3日)から開幕した「プレミア12」のメキシコ代表・ビヤヌエバが、右手首の負傷でメンバー登録を外れた。

 巨人に所属し、73試合に出場したが、8本塁打、24打点、打率2割2部3厘に終わり、退団が濃厚となっている。

 プレミア12では初戦にスタメン出場。2打席目には先制の満塁弾につながる四球を選び、3打席目にはロメロから二塁打を放つなど、活躍が光っていたが、スーパーラウンド目前で離脱となった。

 1次ラウンドでは、右手首の痛みを訴えながらも出場しており、「(痛くて)バットを振れる状態じゃない」と、自らチームを離れる決断をした。フアン・カストロ監督は「キーマンは全員。1人マイナスの状態で臨むことになるが、来年のオリンピックに向けて、目指すのはもちろんチャンピオン」と、力を込めた。

 3連勝で、グループAを1位で勝ち上がってきたメキシコ代表は、この日、ZOZOマリンで練習を行った。スーパーラウンドが開幕する11日は、台湾と対戦する。

最終更新:11/10(日) 20:59
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ