ここから本文です

【武蔵野S】ルメール騎乗の2番人気デュープロセスは7着「ブレーキをかける感じに…」

11/9(土) 17:43配信

スポーツ報知

◆第24回武蔵野S・G3(11月9日・ダート1600メートル、東京競馬場、良)

 16頭によって争われ、横山典弘騎手が騎乗した9番人気のワンダーリーデル(牡6歳、栗東・安田翔伍厩舎、父スタチューオブリバティ)が直線で力強く抜け出し、重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分34秒6。同馬にチャンピオンズC・G1(12月1日、中京)への優先出走権が与えられた。

【動画】日本一〇な女子アナ・薄井しお里の実況予想…エリザベス女王杯・G1の予想

 1馬身1/4差の2着は8番人気のタイムフライヤー(藤岡佑介騎手)。3着には13番人気のダノンフェイス(大野拓弥騎手)が入り、3連単は235万3630円の大波乱となった。

 ルメール騎手(デュープロセス=7着)「道中はいいレースだった。3コーナーで少し馬がブレーキをかける感じになった。直線も行きかけたけど、またそこでブレーキをかける感じになった」

最終更新:11/10(日) 18:08
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事