ここから本文です

ジャパンCは39年目で初めて外国馬出走なし

11/9(土) 12:44配信

サンケイスポーツ

 ジャパンC(24日、東京、GI、芝2400メートル)は、創設39年目にして初めて外国馬の出走なしで行われることが決まった。6カ国で計27頭が予備登録をしていたが、最終的に全馬が出走を辞退した。

 出走の意思を示していたメルボルンC2着馬プリンスオブアラン(イギリス=C.フェローズ厩舎、セン6)は、バリアーブランケット(ゲート入りの際に着用する馬服)が日本では使用できないため、8日に辞退。近年は日本の芝の高速化や、検疫施設の問題などで来日する外国馬が減っており、意義が問われていた。

 また、チャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダート1800メートル)も予備登録した9頭が全て辞退。こちらも外国馬は出走しない。

最終更新:11/9(土) 12:44
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事