ここから本文です

ウィラチャンが逃げ切りV 次戦にも逆転賞金王/国内シニア

11/9(土) 15:32配信

サンケイスポーツ

 男子シニアゴルフの「富士フイルムシニア選手権」最終日(9日、茨城・江戸崎CC=7070ヤード、パー72)、首位から出たタワン・ウィラチャン(52)=タイ=が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算16アンダーで逃げ切り優勝。今季2勝目を飾った。

 ウィラチャンは、賞金ランキング1位で自身今季最終戦のプラヤド・マークセン(53)=タイ=が4位だったことで、その差を約50万円として、次戦にも逆転で賞金王が決定する可能性が出てきた。

 66をマークした鈴木亨(53)=ミズノ=が通算10アンダーの2位に入った。

最終更新:11/9(土) 16:08
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事