ここから本文です

メルボルンCに挑戦したメールドグラースが屈腱炎を発症

11/9(土) 18:48配信

サンケイスポーツ

 10月19日の豪GIコーフィールドCを優勝し、続くメルボルンCで6着に終わったメールドグラース(栗東・清水久詞厩舎、牡4歳)が、左前脚に浅屈腱炎を発症していることが9日、分かった。同馬が所属するキャロットクラブがホームページで発表した。

 治療を施したことで現在は痛み、腫れの症状が緩和され、歩様も通常に戻っている。今後は帰国して経過を観察する予定。

最終更新:11/9(土) 20:09
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事