ここから本文です

土浦市長選挙は現職と新人の一騎打ち、11月10日投開票|現職 中川清氏 VS 新人 安藤真理子氏 茨城県

11/9(土) 17:30配信

選挙ドットコム

11月3日に告示された土浦市長選挙には、現職の中川清氏(74・自民・公明両党の地域支部推薦、国民民主党推薦、立憲民主党県連推薦)、新人の安藤真理子氏(58・自民党の地域支部推薦)の無所属の2名が立候補しました。投開票は11月10日に行われます。

今回は市街地の活性化、行財政改革、子育て支援策、高齢者福祉政策などが主な争点と考えられます。

地域と市役所の力が一体になれば、日本一住みやすいまちが実現可能に。現職 中川清氏

中川氏は土浦市生まれの74歳、慶應義塾大学経済学部卒業。これまでに土浦商工会議所会頭、茨城県公安委員長などを経て2003年の土浦市長選に初当選。以降、4期連続当選しました。今回は5期目への挑戦となります。

中川氏の掲げる政策は?

中川氏は「日本一住みやすいまち土浦をつくろう!」をスローガンに以下の政策を公表しています。

市民に寄り添った市政で市民くらし満足度ナンバーワンの土浦を目指したい。新人 安藤真理子氏

安藤氏は土浦市生まれの58歳、成城短期大学教養学部英語専攻科卒業。日産自動車株式会社社員、財団法人国際科学技術博覧会勤務、株式会社大京社長・専務付秘書を経て、つくばケアサービス有限会社(現 株式会社プラザマアム)を設立し、代表取締役に就任しました。これまで2007年から土浦市議会議員を2期、2014年からは茨城県議会議員を2期務めてきました。

安藤氏の掲げる政策は?

安藤氏は「女性市長であたたかさあふれる市政を。」をスローガンに以下の政策を掲げました。

土浦市の基本情報

土浦市の基本情報

最終更新:11/9(土) 17:30
選挙ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ