ここから本文です

朝久泰央が戦慄のKO勝ちで「次は俺しかいない」とタイトル戦をアピール【11・8 K-1 KRUSH】

11/9(土) 2:20配信

TOKYO HEADLINE WEB

「K-1 KRUSH FIGHT.107」(11月8日、東京・後楽園ホール)のセミファイナルで行われたスーパー・フェザー級戦で朝久泰央が2R2分21秒、西元也史をKOで下した。

 朝久は現王者レオナ・ぺタスに連敗を喫しているものの、大沢文也、大岩龍矢、安保璃紅といった選手に勝利を収めるなどKRUSHスーパー・フェザー級戦線のトップファイター。西元は他団体で実績を重ね、9月大会でKRUSH初参戦。そこで鮮やかなKO勝ちを収め、今回の朝久戦が実現したのだが、これに対し朝久は「1回KO勝ちをしたくらいで対戦できるほど僕の積み上げてきたキャリアは軽くない」といつも以上の気合をもって臨んだ一戦だった。

 朝久は1R序盤から鋭い蹴りで先制。西元のパンチの連打にも下がらず強烈な左ストレートを放っていく。西元の右フックに左のパンチを合わせ、西元の頭が下がったところにヒザを打ち込んでいくなど優勢に試合を進める。

 2Rには朝久の強烈な左の前蹴りが西元の顔面を襲う。その後もガードの隙間から朝久の前蹴りが西元の顔面に続けてヒット。最後は左の三日月蹴りが西元の脇腹に炸裂。うずくまって悶絶する西元は立ち上がることができず、朝久がKO勝ちを収めた。

 朝久は試合後のリングで「来月タイトルマッチがあると思うんですけど、次は俺しかいないでしょ。いまK-1以外に他団体も盛り上がっていますが、俺は他団体も含めて最強を証明します」とタイトル挑戦をアピールした。

 試合後の会見では「近年まれに見るくらい、いい動きに見えた」という記者の言葉に「そうですね」と笑顔で対応。フィニッシュにつながった顔面前蹴りについては「男前だったんで蹴るのをためらったんですけど(笑)。自然に出た感じ。全部同じような蹴りに見えて、タイミングを変えたりしたので、相手には周りから見ているのとは違う印象の蹴りだったと思う」などと話した。そして今後について「圧倒的な強さでKRUSHのチャンピオンを取りたい。最近、他団体との対抗戦という声もよく挙がっているが、他団体から“朝久とやりたい”という声が出ないくらいに圧倒的な強さで頂点を極めたい」と強さを追求するあくなき姿勢を見せた。

1/2ページ

最終更新:11/9(土) 2:20
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事