ここから本文です

カンプ・ノウ帰還を心待ちにするデニス バルサでの時間は「ほろ苦い思い出」

11/9(土) 7:20配信

SPORT.es

デニス・スアレスは、土曜日にセルタ・デ・ビーゴのシャツを着てカンプ・ノウに戻ってくる。 彼は2度に渡りバルサに入団した経験を持つ数少ない選手である。

D・スアレス、ビキニ姿披露で炎上した恋人を擁護 「君を愛している」

1度目は2013年にマンチェスター・シティに加入した時。2度目は2016年、当時ビジャレアルに在籍していたデニスをバルサが買い戻している。2度目の入団後は再びチーム内での激しい競争を経験することになった。

デニスは『Goal.com』のインタビューで、エルネスト・バルベルデが自分(デニス)にプレー機会を与えるべきだと考えていたと明かしている。
「バルベルデは私にもっと多くの出場機会を得るべきだと言っていたが、チームにはトップレベルの選手が揃っていた。どのチームにいるべきか選ぶのは簡単ではないが、私は判断しなければならなかった」とデニスは語った。

「私はバルベルデと素晴らしい関係を築いている。バルサでの最初の年、彼は2冠を達成し、昨年もほぼ同じような結果だった。国王杯を逃してしまったけどね」

「バルサでの時間を表現するなら、ほろ苦い思い出だね。良いことも、悪いこともあったよ」とデニスは振り返り、「私は世界最高のクラブで経験を積み、タイトルを獲得し、最高のチームのスタメンに入るために競った。 私のポジションには史上最高の選手であるアンドレス・イニエスタがいて、多くを学んだよ」

新監督にオスカル・ガルシアを迎えたセルタは、直近2試合で勝ちを逃しているバルサ戦に臨む。デニスもカンプ・ノウで帰還を楽しみにしているようだ。

最終更新:11/9(土) 7:20
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ