ここから本文です

楽ちんでオシャレ。大人のテック系スタイル3選

11/9(土) 7:02配信

LEON.JP

いまやカジュアルだけでなく、ドレスにおいてもテクニカル素材の採用は顕著です。高機能な素材は確かに快適ですが、スポーティ一辺倒になっては大人としてはいただけません。快適なのに艶っぽい着こなしをご提案します。

大人に見せるなら、テック感は控えめが正解です

撥水性や透湿性、ストレッチ性に体温調節機能など、ハイパフォーマンス化の一途を辿る昨今のファッションシーン。スポーツトレンドも後押しし、いまやテクニカルな素材を使用していないアイテムを探す方が難しいくらいです。

しかし、いくら機能性が高いといってもスポーツウエア然としていては、大人の街着としてはトゥーマッチ。テクニカル=スポーティという印象が過ぎると、快適が転じて軽薄に見えることがあります。

そこで気をつけたいのが、トーンと質感。スポーティさが強いライトカラーではなくダークカラーでまとめたり、一見化学繊維に見えないマットな質感のアイテムを選ぶことで、落ち着きと艶っぽさを演出するってわけです。

そうすれば、スポーティな中にも大人らしい風格を漂わせられますよ。

【コーディネート 01】この光沢はむしろ艶っぽく着るのが本懐

着こなしの主役となる「ストーンアイランド」のブルゾンは、撥水性や防風性を備えたテクニカルな素材ながら、その特殊なナイロン糸はメタリックな光沢を放ち、ほんのりラグジュアリーな香り。テクニカルな素材とファッション性の両立を得意とする同ブランドなんです。

その色気たっぷりな発色を、ブラックで統一したインナー&パンツが際立たせれば、この通り。いい感じの大人テックが完成します。

【コーディネート 02】光沢を抑えれば、テック素材もシックに

モッズコートを想起させるこちらのコートに採用される生地は、「C.P カンパニー」が独自開発したC.P.シェル。防水性や速乾性に優れていながらも、ストレッチ性も兼ね備えるハイテク生地です。

ですが、光沢を抑えたマットなブラックカラーなら、テクニカル感控えめだから、シックで洗練された顔つきに。ビビッドなインナーを合わせたメリハリ配色で着こなせば、モード感さえ漂います。

【コーディネート 03】ドレス顔な機能派パンツで、大人なストリートスタイル

テクニカルな素材でも一見してスポーティな印象を回避するのが、大人テックの鉄則。というわけで、パンツ選びにおいては、イタリア発美脚パンツの伝道師が展開する「クルト」シリーズが頼りになります。

全方向ストレッチ、形状回復、速乾、吸湿などなど、ハイテクてんこ盛りなパンツですが、見た目はきちんとスラックス顔。その両立は、スウェット×ドレスシャツというミックスコーデに、バランス良く収まります。

※掲載商品はすべて税抜き価格です

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/安岡将文

最終更新:11/9(土) 7:02
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事