ここから本文です

海老名市長選挙は現新3人の争い、11月10日投開票|新人 氏家秀太氏 VS 現職 内野優氏 VS 新人 立花孝志氏 神奈川県

11/9(土) 17:31配信

選挙ドットコム

11月3日に告示された海老名市長選挙には、無所属で新人の氏家秀太(うじけ・しゅうた)氏(52)、無所属で現職の内野優(うちの・まさる)氏(64)、新人でNHKから国民を守る党党首の立花孝志(たちばな・たかし)氏(52)の3名が立候補しています。投開票は11月10日に行われます。
今回は内野市政に対する是非などが主な争点と考えられます。

介護・教育・子育て支援の大拡充と家庭ごみ有料化の撤回を実現したい。新人 氏家秀太氏

氏家氏は海老名市在住の52歳で、成蹊大学法学部卒業。地域活性化プロデューサー、行動心理学者、経営コンサルタント、キャスター、ラジオパーソナリティとして活動してきました。現在は株式会社中央経営研究所の取締役社長、株式会社ワールドリンクの会長、NPO法人フードビジネスマネージャー協会理事長などを務めています。

氏家氏の掲げる政策は?

氏家氏は「市長5選阻止!介護・教育・子育て支援大拡充!」をスローガンに以下の政策を掲げています。

福祉・教育政策を中心に力を入れ、さらに海老名の人気を高めたい。現職 内野優氏

内野氏は海老名市出身の64歳で、専修大学法学部法律学科卒業。海老名市職員を経て、1983年に海老名市議会議員選挙で初当選。以降、市議会議員を4期務めました。1999年の海老名市長選挙に立候補し落選しましたが、2003年の市長選挙で初当選を果たしました。以降、4期連続当選し今回は5期目への挑戦となります。

内野氏の掲げる政策は?

内野氏は「福祉充実 経済強化 改革もっともっと」をスローガンに以下の政策を掲げています。

NHKをぶっ壊し、海老名をドバイに。新人 立花孝志氏

立花氏は大阪府泉大津市出身、大阪府立信太高校卒業。1986年に日本放送協会(NHK)に入局し、和歌山放送局、大阪放送局経理部、本部報道局に勤務しました。2005年にNHK不正経理を週刊誌で内部告発、同年に退職しフリージャーナリストになりました。2012年にインターネットテレビ「立花孝志ひとり放送局株式会社」を設立し初代代表取締役社長に就任。2013年に「NHKから国民を守る党」を立ち上げ初代代表に就任しました。2015年の船橋市議選、2017年の葛飾区議選、2019年の参院選(全国比例区)に当選しました。10月の参院補選(埼玉選挙区)に立候補しましたが落選しています。

立花氏の掲げる政策は?

立花氏は「海老名をドバイに!」をスローガンに以下の政策を掲げています。

海老名市の基本情報

海老名市の基本情報

最終更新:11/9(土) 17:31
選挙ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ