ここから本文です

EXILE AKIRAの笑顔を「待ち受けにしてほしい」。佐野玲於、佐藤大樹とともに“推し合い”

11/9(土) 15:13配信

TOKYO HEADLINE WEB

 映画『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS projectー』公開記念舞台挨拶が9日、都内にて行われ、EXILE AKIRA、佐野玲於、佐藤大樹、行定勲監督、洞内広樹監督、井上博貴監督が登壇した。

 EXILE HIRO、国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」代表の別所哲也、作詞家・小竹正人がタッグを組み、映像・詩・音楽を融合させる「CINEMA FIGHTERS project」の第3弾。気鋭監督5人による5本のショートフィルムで、EXILE AKIRA、佐野玲於、佐藤大樹、小林直己、今市隆二がそれぞれ主演を務める。

 この日は、大阪との二元中継と全国劇場でのライブビューイングも実施。大阪会場にいる小林、今市もスクリーンから挨拶。スクリーンに映る互いを見て「直己がもっと大きくなった」とAKIRAが言えば大阪組も「AKIRAさんの股下の長さが際立ちますね」と中継で茶目っ気たっぷりの会話を繰り広げた。

 三池崇史監督とのタッグを振り返ったAKIRAは「三池監督は、最初から最後まで俳優に寄り添ってくださった。そのおかげもあり、愛をテーマに心地よい作品になったと思います」と胸を張った。

 行定勲監督とタッグを組んだ小林は「行定監督は普段はとても気さくな方なんですが、作品に入ると厳しいというか怖いくらいに作品と向き合っていて、それで僕も遠慮なくぶつかることができた。監督と自分が血肉の通った関係になれたと思います。行定組という船の上で自由に暴れさせれもらいました」と振り返った。すると行定監督は小林について「前から気になっているパフォーマーだったんです。すごくインパクトある体つきじゃないですか。この首の太さを生かせないかなということが頭にずっとあった」と笑いをさそいつつ「一緒に食事をしようということになったんだけど、彼が店も用意してお金も払うというジェントルマンぶりを見せてくれた。そのときに3時間ほど話して、彼がどういう人間か、いかに真剣に作品と向き合っているか伝わってきた。ラストシーンは完全に彼のアイデア。彼の意見が非常に的確で、この映画の核となることを言ってもらった」と明かし「ピュアな男ですからね、小林直己は」とべたぼめ。

 洞内監督作『GHOSTING』主演の佐野は「コンセプトプロデューサーの小竹さんから、洞内監督は“僕のことを(変わったイントネーションで)“小竹さん”と呼ぶ、と聞いていた」と明かし洞内監督を苦笑させつつ「衣装合わせで話したときに、こうしてほしいといったことではなく作品への思いを熱く語ってくれ、あとは任せた、と言ってくださった。僕も精一杯演じて監督に料理してもらいました」と感謝。洞内監督は「佐野玲於という表現者にこの映画を主体的に表現してもらいたかったので、役のディレクションを任せたという感じでした。彼に託してよかった」と笑顔を見せた。

 井上監督作『魔女に焦がれて』主演の佐藤は「お会いしてすぐ衣装や髪形などがポンポン決まっていって、逆に少し不安になった。どんどんセリフも減っていって…」と振り返ると、井上監督は「すごく準備もしてきてくれて、セリフがなくても表情だけで表現できる人だと思ったのでセリフを削っていったんです」と佐藤を安心させた。

“5作5様”のショートフィルム。メンバー同士もそれぞれの主演作をお互いに楽しんだようで、AKIRAは「今市の作品を見てもらいたいですね。今回、今市が初演技に挑戦していて(映画の中で)泣いたりもしていますので、ぜひ見てほしい」と何度も“今市推し”。今市は照れながら「最高のアニキです。すごく推してくださってありがとうございます」。一方、小林は「個人的には『GHOSTING』の佐野に注目してほしい」。すると佐野は「僕は『Beautiful』でAKIRAさんの、希望を見つけた瞬間の笑顔がすごくいいので、DVDに出たときに待ち受けにしてほしい」とユーモアたっぷりに答え、さらに今市が「僕は『魔女に焦がれて』の大樹がいいと思いました」と互いに“推し合い”。

 最後にAKIRAは「楽曲からインスピレーションを受けてショートフィルムを作るというプロジェクトなので曲にも注目していただければ。佐藤は「5本5色といいますか、見る人によって違う感じ方ができる作品になっていると思います」、佐野は「これだけ豪華な監督たちに参加してもらって、自分も参加できて本当にうれしかったです」と、それぞれ胸を張った。

『その瞬間、僕は泣きたくなったーCINEMA FIGHTERS project』は全国公開中。

最終更新:11/9(土) 15:13
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事