ここから本文です

「信じられない」18歳シナー V王手、決勝でデ ミノーと激突<男子テニス>

11/9(土) 17:02配信

tennis365.net

ネクスト・ジェネレーションATPファイナルズ

男子テニスの21歳以下最終戦ネクスト・ジェネレーションATPファイナルズ(イタリア/ミラノ、室内ハード)は8日、シングルス準決勝が行われ、第8シードのJ・シナー(イタリア)が第5シードのM・キツマノビッチ(セルビア)を2-4, 4-1, 4-2, 4-2の逆転で破り、初の決勝進出を果たした。

【フェデラーら最終戦の組み合わせ表】

18歳のシナ―はこの日、24本のウィナーを放ちファーストサービスが入ったときには75パーセントの確率でポイントを獲得する。第1セットを先取されるもその後はキツマノビッチに1度もブレークを許すことなく1時間15分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトで、シナーのコメントを掲載している。

「信じられない。最初は感覚がよくなく、キツマノビッチがとても攻撃的でいいプレーをしていた。だから逆転できて今までに感じたことがないくらい幸せ」

決勝では第1シードのA・デ ミノー(オーストラリア)と優勝を争う。デ ミノーは準決勝で、第2シードのF・ティアフォー(アメリカ)を下しての勝ち上がり。

シナーは「デ ミノーは今季素晴らしいシーズンを過ごした。3勝をあげている。だから僕も全力で挑むよ」と決勝へ意気込んだ。

最終更新:11/9(土) 17:02
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事