ここから本文です

筑波大学戦で冷や汗をかいた帝京大学、早稲田大学と全勝対決。ラグビー関東大学対抗戦

11/9(土) 16:50配信

J SPORTS

ラグビーワールドカップが終了し、再開した対抗戦。帝京大学は前半の3試合をすべて勝利で飾り、後半戦へ大きな弾みをつけていた。

再開後、最初の試合は駒沢公園総合運動公園陸上競技場で行われた筑波大学との一戦。慶應義塾大学に勝利をおさめ、非常に乗っているチームに対し、帝京大がどういったゲームをするのか。

帝京大ボールでキックオフされた試合。試合はゲーム序盤から動きを見せた。

前半3分、帝京大が自陣でボールを奪い、カウンターからWTB(ウイング)尾崎泰雅(3年=伏見工)が抜け出し、SH(スクラムハーフ)土永雷(3年=光泉)へと繋ぎ、再び尾崎へ戻しそのままトライ。

SO(スタンドオフ)金諒(2年=大阪朝鮮)のコンバージョンキックは失敗したものの5点を先制した。

この先制トライで勢いに乗った帝京大だったが、15分、筑波大が自陣で帝京大のラインアウトをスティールすると、素早い右展開から最後筑波大WTB島田悠平からSH、杉山優平に長いパスを回しそのままトライ。

キックも成功し、5-7と逆転を許した。帝京大はなかなか流れを掴めず20分、筑波大は自陣深くで、スクラムから左右に素早いパス回しをされ、最後はFB(フルバック)松永寛汰にトライを決められた。

島田のキックはゴールを外れたものの、5点の追加を許し、5-12となった。

それでも36分、帝京大がカウンターラックでターンオーバーに成功し、金諒からWTB尾崎に長いパスを回してそのままトライ。尾崎が2本目のトライを決めた。

金諒がキックに成功し、7点の追加で同点に追いついた。その後は両者譲らず、同点のまま前半が終了した。

後半7分、筑波大にペナルティゴールを決められ、12-15と勝ち越しを許した。9分、帝京大は金諒からSO北村将大(3年=御所実業)に選手交替。

11分、筑波大が自陣スクラムから抜け出し、素早いパスワークで帝京大をほんろう。トライとキックを決められ、12-22と突き放された。

1/2ページ

最終更新:11/9(土) 16:50
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい