ここから本文です

抜群の記録を残すサッリ、ユヴェントスでコンテ&アッレグリを上回る

11/9(土) 17:03配信

SPORT.es

ユヴェントスの監督に就任後13試合(肺炎の為2試合欠場)を率いたマウリツィオ・サッリは、前任者のマッシミリアーノ・アッレグリやアントニオ・コンテを上回る結果を出している。

C・ロナウドの恋人 授賞式で有名女優に嫉妬

さらにサッリはチャンピオンズリーグも2試合を残してノックアウトステージ進出を決めた。ユヴェントスがグループステージ2試合を残して16強へ進出したのは、2008年のクラウディオ・ラニエリ以来の事である。

アントニオ・コンテも監督就任以来多くの記録を塗り替えてきたが、サッリはセリエAでこれまでに率いた11試合で勝点29を手にしている。

2014年のマッシミリアーノ・アッレグリは第11節で勝点28を獲得しているが、サッリはこれを上回る成績をあげている。(2011年コンテ体制は第11節で勝点25)。

サッリの特徴はインテンシティを高め、素早い好守の切り替えでボールを奪い返し、アタッキングサードに何度も侵入するというものであり、攻撃性においてはコンテやアッレグリを上回る。

黄金時代を迎えているユヴェントスにサポーターたちも大きな信頼を寄せ、欧州CL優勝を期待している。

SPORT

最終更新:11/9(土) 17:03
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事