ここから本文です

J2岐阜の21位以下が確定…残留の可能性残すも、J3上位陣の他力本願に

11/9(土) 17:43配信

GOAL

 FC岐阜は9日に行われた明治安田生命J2リーグ第40節でアルビレックス新潟に0-2で敗れ、J3降格圏の21位以下が確定。今後、J3上位陣の結果次第で初の降格が決定する。

 残留圏の20位・鹿児島ユナイテッドFCまで勝ち点7差と、あとがない岐阜だったが、開始6分に先制点を許すと、64分にも失点。アウェイで新潟に0-2で敗れた。

 この結果、岐阜の21位以下が確定したものの、J3では現在、J2のクラブライセンスを保有しない藤枝MYFCが2位に位置。仮にJ1またはJ2クラブライセンスを保有しない藤枝がこのまま2位以内で終えた場合は、J2の21位の降格がなくなる。

 この事例は2017シーズンにロアッソ熊本がJ2を降格圏の21位で終えたものの、当時J2クラブライセンスを保有していなかったブラウブリッツ秋田がJ3を優勝したため、降格を免れていた。

 なお、岐阜は降格すれば2008年のJリーグ参入後、初のJ3降格となる。

最終更新:11/9(土) 17:44
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事