ここから本文です

札幌の若手2選手が負傷…MF檀崎竜孔は右足関節三角骨摘出手術、DF濱大耀は左ハムストリング肉離れ

11/9(土) 18:32配信

GOAL

北海道コンサドーレ札幌は9日、MF檀崎竜孔が右足関節三角骨摘出術の手術を行って無事に完了したこと、DF濱大耀が左ハムストリング肉離れと診断されたことを発表した。なお、両名ともに復帰時期は明かされていない。

檀崎の手術は、8日に札幌市内の病院で実施。青森山田高校を卒業した今シーズンから札幌でプロ生活をスタートさせた同選手は、ここまで公式戦11試合に出場していた。

また、濱は10月31日のトレーニング中に負傷。札幌の育成組織で育った同選手は2017年にトップチーム昇格を果たし、今シーズンここまで公式戦5試合に出場していた。

最終更新:11/9(土) 18:32
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ