ここから本文です

FC東京 アウェー8連戦白星締め 3連勝で奪首 ディエゴオリベイラが決勝PK 23日に味スタで湘南戦

11/9(土) 19:27配信

中日スポーツ

 ◇9日 J1第31節 FC東京1ー0磐田(ヤマハスタジアム)

 最下位・磐田を相手に、長い長いアウェー8連戦ラストを白星で締めくくった。FC東京が3連勝で首位に返り咲き、次節(23日)は約3カ月ぶりに、ホーム味スタに戻って湘南と対戦する。
 
 前半29分、まさかのアクシデントに見舞われた。今季途中からセンターバックの定位置を奪った渡辺が左足首を痛めて退場。だが、代わって入った岡崎が奮闘した。

 その頑張りが報われたのが、後半8分。室屋が飛び出すタイミングに合わせ、橋本がパス。それを室屋がペナルティーエリア内で収め、鋭い動きで切り返す。磐田MF藤川が勢い余って室屋を倒し、これがPKに。ディエゴオリベイラが冷静に決めた虎の子の1点を最後までチーム全員で守り切り、歓喜の瞬間を迎えた。

 「選手たちを誇りに思う」と称賛した長谷川監督は試合後、「まだ何も成し遂げていない」と声を掛けたという。初のJ1制覇まで、いよいよ残りは3試合だ。

 ▽FC東京・ディエゴオリベイラ「PKはいつも通り、平常心で蹴ることができた。(負傷交代したが)問題はないと思う。次のリーグ戦まで2週間あるので、しっかりと治して、また準備をしたい」

最終更新:11/9(土) 19:27
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事