ここから本文です

家計簿をつけて満足…はNG!「お金を育てる」家計簿データ活用法8つのポイント

11/9(土) 11:45配信

LIMO

貯金をするうえで大切なのは、支出状況を把握して問題点を見つけ出すことです。支出状況を把握するときによく使われるのは家計簿ですよね。そのため、「貯金」と「家計簿」は切っても切れない関係ともいえるでしょう。

ただし、家計簿をつけているからといって「必ずしも貯金が増える」とは限りません。さらにもう一歩踏み込み、工夫を凝らす必要があるのです。

そこで今回は、今の状態から貯金アップへと繋げる方法をご紹介します! 

みんなの貯金はいくらなの?

貯金アップの策も知りたいところですが、他の人がどのくらい貯金をしているのかも気になりませんか? まずはLeadingTechが運営する情報メディア「ワイズローン」が発表した「貯金実態調査2019」で貯金の実態を見ていきましょう。

この調査によると、貯金額の平均は317万円で、全体の53.7%が貯金100万円以下ということがわかりました。100万円以下だけで見ても、5万円以下と95~100万円の二極化が鮮明で、貯金をするしないが明確になっているようです。また、貯金額が多い人は比較的長期的に貯金をしていることも見えてきたので、やはりできるだけ早い段階から貯金をしていくことが課題と言えます。

家計簿を貯金に繋げるヒント

家計簿をつけると、毎月の支出や貯金の状況を掴むことができます。お金の流れが一目で分かるので、収入と支出のバランスも見えてくるでしょう。

しかし、この段階で終わってしまっているケースも少なくありません。これでは、「ただ家計簿をつけているだけ」という状態です。さらにお金を貯めるには、家計を見直して問題点を改善しなければなりません。以下で2つの問題点とその改善方法を紹介します。

 お金を引き出しにくい銀行口座を利用する

「せっかく貯めたお金に手を付けてしまう」という場合、貯金用の銀行口座からお金を引き出しやすいことが問題であると考えられます。じつは、貯金上手な人は、日常的に使う銀行口座の他に口座を作って、そこに「使わないお金」として貯めていく方法をとることもあります。

例えばATMや窓口が近所にない銀行の口座を作ってみるのもいいでしょう。わざわざ遠くまで行くのかと思うと、お金を銀行口座から引き出すのも面倒になってきますからね。結果的にお金を使わなくなって、貯金ができるという仕組みです。

 あえて現金で支払いをする

クレジットカードやスマートフォン(スマホ)での決済が便利になったこともあって、これらの支払い方法を積極的に使う人も増えています。しかも、10月1日からの消費増税においては、キャッシュレス・ポイント還元事業(2020年6月末までの期間限定)によって支払い金額の最大5%分が還元されるようになりました。これによって、ますますクレジットカードやスマホ決済が注目されています。

このような決済方法は、買い物をスムーズにするメリットがある一方で、現金を扱わないためにお金が減っていくという感覚が薄れる可能性もあります。そのためついつい無駄遣いをしてしまうかもしれません。もしその可能性があると感じたら、現金での支払いを心がけるのもいいでしょう。

家計簿で支出を管理すると、このような問題点が浮き彫りになってきます。数字で見るとお金の動きがより鮮明になってくるので、「貯金をキープできているか」「無駄な買い物が多くないか」といった点を家計簿を使って見直してみてくださいね。

1/3ページ

最終更新:11/9(土) 11:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事