ここから本文です

共に70代の運転する車同士が衝突 1台の助手席にいた80歳男性死亡 どちらかが中央線はみ出しか

11/9(土) 0:45配信

東海テレビ

 高齢ドライバー同士の死亡事故です。岐阜県瑞浪市のトンネル出口付近の県道で、乗用車同士が衝突し、80歳の男性が死亡しました。

 8日午後、瑞浪市稲津小里の馬道ケ峰トンネル東側出口付近で、東に向かって走っていた岐阜県多治見市に住む若子康子さん(78)が運転する乗用車と、西に向かって走っていた名古屋市中川区に住む市江安彦さん(73)が運転する乗用車が衝突しました。

 この事故で若子さんの夫で、助手席に座っていた一夫さん(80)が病院に搬送されましたが、くも膜下出血などでその後死亡が確認されました。

 2台の乗用車にはそれぞれ2人ずつ乗っていましたが、ほかの3人は軽傷です。

 警察によりますと、若子さんは病院に向かう途中で、市江さんは友人を乗せてドライブ中だったということです。

 現場は片側1車線の直線道路で、警察はどちらかがセンターラインをはみ出したとみて、事故の原因を詳しく調べています。

東海テレビ

最終更新:11/9(土) 0:45
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事