ここから本文です

2.5次元界で人気を誇る佐藤流司、ドラマも「常にハングリー精神で」

11/9(土) 20:00配信

Lmaga.jp

ミュージカル『刀剣乱舞』の加州清光役で注目を集め、2.5次元界で圧倒的な人気を誇る若手俳優・佐藤流司。数々の個性的なキャラクターを演じてきた彼だが、現在放送中の連続ドラマ『Re:フォロワー』(ABCテレビ)では、謎多きミステリアスな人物に挑戦している。

【写真】佐藤流司ほか6枚

戦隊ヒーロー出身の西銘駿と塩野瑛久、そして佐藤と同じく2.5次元舞台を中心に活躍する和田雅成という、若い世代から支持を集める面々が集結した同作。巨大インフルエンサー・クレシダを運営する「裏アカ男子」たちが、依頼者から次々に寄せられる悩みを解決していくというSNSサスペンスで、佐藤が演じるのは依頼者に「言葉」を与える「クレシダ」の象徴的存在・城江公人。

佐藤は「公人はあまり多くを語らずミステリアスで・・・今までで1番難しいんですよ、この役を説明するのは(笑)。でも口数が少ない分、目で表現することが多いですね」と話す。

近年では、映画やドラマなど映像作品にも続々出演しており、その演技で見せるギラギラとした目が印象的な佐藤。「舞台は大きなわかりやすい仕草が必要ですが、ドラマは目で芝居ができますし、後ろを向いたら向いたでいい。どれだけ日常的にできるかというリアリティーが大事だと思うんです。今回の役は謎は多いですが、不自然にならないように、ひと言ひと言を大事にするようにしています。このドラマだけでなく、常に俺のなかでハングリー精神みたいなものがある。観た人の記憶に残していきたいと思ってます」と、静かに闘志を燃やしている。

11月10日に第6回が放送され、徐々にクレシダメンバーの過去や思惑が明かされていく同ドラマ。全10話が終えたあと、ドラマでは描かれなかったストーリーの舞台化も決定しており、2020年6月から東京・大阪で公演がおこなわれる。

ドラマ放送後の舞台化という試みに、佐藤は「監督の西田大輔さんからおおまかなところは聞いたんですけど、なるほどなって。すごいことになりますよ。舞台での公人をどう演じようか楽しみ」と胸を膨らませた。ドラマ『Re:フォロワー』は毎週日曜・夜11時35分から放送中。

写真/木村正史 スタイリスト/吉田ナオキ

最終更新:11/11(月) 13:34
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事