ここから本文です

バルベルデ、自身の解任論を一蹴! 「クラブはいつも私を支えてくれている」

11/9(土) 22:00配信

超WORLDサッカー!

バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督は、自身に対する解任論を気にしていないようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

バルセロナは2日に行われたラ・リーガ第12節のレバンテ戦で先制するも後半序盤のわずか7分間で3失点を喫し、最終的に1-3のスコアで逆転負け。さらに、5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループF第4節のスラビア・プラハ戦ではカンプ・ノウで格下相手にゴールを奪えず、痛恨のゴールレスドローに終わっていた。

2試合連続での不甲斐ないパフォーマンスを受け、一部ファンや識者の間では指揮官交代の声も上がり、クラブOBでオランダ代表を率いるロナルド・クーマン監督ら後任候補の名前もスペイン地元紙の紙面をにぎわせ始めている。

しかし、8日にラ・リーガ第13節のセルタ戦に向けた前日会見に出席したバルベルデ監督は、この場で自身の去就問題に関して言及。「クラブはいつも私を支えてくれている」と語り、自身の立場に不安を抱いていないと主張している。

「(バルセロナでの将来を)心配していない」

(ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長からの呼び出しについて)我々は彼と一緒に食事に行っただけだよ。クラブはいつも私を支えてくれている。そして、彼らからのリスペクトを感じている」

「(自身への批判)それは理解できるものと、理解できない部分がある。批判とはそういったものだ。ただ、自分たちが良い試合を見せられれば、落ち着いていくものだ。ただ、スラビア・プラハ戦の後半に関しては間違いを犯した。もっとうまくできたと思うし、その事実を受け入れる必要がある」

「勝利はすべてにおいて重要なことだ。幾つかの試合で勝利を逃したが、それが常に周囲の環境を不安定なものとする。そういったネガティブなものはチームに不均衡をもたらしてしまう。だからこそ、しっかりと気持ちを維持しなければならない。明日の試合は重要であり、首位を守りたいと考えている」

また、スラビア・プラハ戦でのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレとU-21スペイン代表FWアンス・ファティの起用法に関する質問に対しては以下のように説明している。

「先日の試合ではスペースにランニングするという、彼らの特長を生かしたいと思っていた。スラビア・プラハはコンパクトだったのでウスマーヌは前半にもっとチャンスが作れたかもしれない」

「結果的に交代を行ったが、アンスに関しては先発よりも途中出場の方が良いと思っている。したがって、あのような起用の仕方になった。ただ、彼が明日の試合で(スタートから)プレーしないという意味ではないよ」

今回の会見を通じて、自身への解任論を一蹴したバルベルデ監督だが、降格圏の18位セルタをホームに迎える今節では3試合ぶりの勝利が求められるところだ。

超WORLDサッカー!

最終更新:11/9(土) 22:04
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事