ここから本文です

【ACLプレビュー】強力攻撃陣揃えるアル・ヒラル、浦和はアウェイゴールを持ち帰れるか《アル・ヒラルvs浦和レッズ》

11/9(土) 23:00配信

超WORLDサッカー!

9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦のアル・ヒラルvs浦和レッズがサウジアラビアのキングサウード・ユニバーシティスタジアムで開催される。

2017年のACL決勝と同一カードとなった今シーズンのファイナル。浦和は史上最多となる3度目のアジア王者を目指して、まずはアウェイゲームに挑む。

◆最悪の状態で臨む決勝~浦和レッズ~

2年前と同一カードとなった決勝。浦和の今シーズンのACLは厳しい戦いとなった。

グループは韓国の強豪・全北現代モータース、中国の北京国安、タイの強豪・ブリーラム・ユナイテッドと同居。2位で突破すると、決勝トーナメントでは中国の上海上港、広州恒大を下して決勝に駒を進めた。

ACLでは苦しい試合をものにしながら勝ち上がってきたが、リーグ戦で苦しんでいる。

シーズン残り2試合の段階で勝ち点は36。自動降格圏の17位の松本山雅FCとは勝ち点差「6」の状況だが、試合数も2試合違う。

さらに、リーグ戦は直近4試合で1分け3敗と全くいいところがない。苦しい中で迎えるが、チームはこの決勝に照準を合わせてきている。

ACLでもリーグでも浦和の課題は得点力。攻撃陣がいかにゴールを決めるかが、勝敗を分ける。特に最近はゴールを奪えない時間帯で失点をし、後手を踏んでしまうパターンも多く、まずはアウェイゴールを奪って帰りたいところだ。

◆リーグ首位、強力攻撃陣~アル・ヒラル~

一方、2年前は浦和の前に苦杯をなめたアル・ヒラル。その雪辱を晴らすためにも、この一戦にかける思いは強いだろう。

リーグでは9試合を終えて勝ち点20の首位に立っているが、直近2試合は1分け1敗と結果が出ていない。

それでも、アル・ヒラルが揃える陣容は豪華だ。守備ラインには、今シーズン途中までFC東京でプレーしていた韓国代表DFチャン・スンヒョンがおり、中盤には欧州でもプレー経験があり、2年前にファイナリストとなったACLでは13試合で7ゴールを記録しているブラジル人MFのカルロス・エドゥアルドがいる。また、コロンビア代表MFグスタボ・クエジャール、ワトフォードでもプレー経験のあるペルー代表MFアンドレ・カリージョもいる状況だ。

そしてなんといってもFW陣。リヨンで一時代を築いた元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスに加え、イタリア代表としても活躍しセリエAやMLS(メジャーリーグ・サッカー)でもゴールを量産したセバスティアン・ジョビンコが居る。

浦和としては、この強力な陣容をいかに抑えるかが重要となり、主導権を握られる可能性があるものの、耐え忍んでアウェイゴールを奪いたいところだ。

★浦和レッズ予想スタメン[3-4-2-1]

GK:福島春樹
DF:岩波拓也、鈴木大輔、槙野智章
MF:橋岡大樹、青木拓矢、エヴェルトン、関根貴大
MF:長澤和輝、ファブリシオ
FW:興梠慎三
監督:大槻毅
出場停止:西川周作

守護神である西川周作が出場停止となるだけに、浦和にとっては正念場。福島春樹は鹿島アントラーズ戦でデビューを果たしたが、経験値には不安がある。実力も経験もある3バックがいかにして強力なアタッカー陣を抑えられるか。第2戦に良い形でつなげていきたい。

◆注目選手
DF鈴木大輔(29)

直近の川崎フロンターレ戦を回避した鈴木大輔に注目。全てはこのACL決勝で勝利するため、アジア王者になるための準備だ。

GKの福島は経験がない中で、いきなりアジアの頂点を目指す戦いに出場することに。アウェイでの独特の雰囲気に飲まれてしまう可能性もある。

槙野智章、岩波拓也とともに、浦和の3バックを支える鈴木だが、この試合ではワールドクラスの選手を相手にすることとなる。

GK福島を含め、いかに連携して相手攻撃陣を抑えるか。そして、貴重なアウェイゴールを持ち帰るためにも、良い形で攻撃につなげられるかがポイントとなりそうだ。

超WORLDサッカー!

最終更新:11/9(土) 23:04
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事